奥州筆頭 伊達政宗

声:中井和哉  武器:一刀流・六爪流

奥州を束ねる若きカリスマ。部下の片倉小十郎を傍らに天下を狙う。
豊臣全盛期時代、小田原の役にて打倒豊臣を胸に進軍するも、これを迎え撃った石田三成に敗北。
完膚無きまでに叩きのめされ、奥州の弱体化を余儀なくされた。
再び訪れた乱世、地に落とされた竜のプライドを取り戻すため石田三成を目指す。

  • 特徴
    通常時の一刀流、条件付きの六爪流とで性能が大きく変化する。
    一刀流時は通常攻撃のリーチが短いため、これを補う工夫が必要。
    幸い、固有技には突進技、打ち上げ技、乱舞技と一通り揃っている。
    一方、奥義か専用装具で発動できる「六爪流」だとガードができなくなる・防御力が下がるなどのデメリットと引き替えに、圧倒的な攻撃力を誇るようになる。

使用上の基本テクニック

固有技から固有技へと繋げる事が可能(例:「CRAZY STORM」中に「MAGNUM STEP」が出せる)。
六爪流時は通常攻撃と固有技が変化し、攻撃範囲が広がり威力が上昇する。
また、「MAGNUM STEP」にキャンセル性能が付加され、うまく追撃し続ければ武将を延々とお手玉する事ができるようになる。

「HELL DRAGON」装備時は、遠距離からひたすら連射するだけでも強い。
武将戦はこれだけで勝てるレベルの高性能。
陣制圧が安全におこなえる利点もある。

「WAR DANCE」装備時は、敵のガードが崩しやすいので積極的に攻められる。
ただ、六爪流時はガード・回避不可、防御力低下のせいで敵のバサラ技との相性が非常に悪い。
その時の対処がバサラ技、戦刻ブースト位で、それらが無い時はただのサンドバックになりやすいので気をつける事。
空中発動の方がスキが少ないのでスムーズに六爪に持ち込める。
また「CRAZY STREAM」の拾い性能が非常に高いので、ボス相手でも一方的な攻撃が可能。

「TESTAMENT」装備時は、弾きや剣劇を利用して発動しよう。
ブースト発動時は通常1〜TESTAMENTジャストに繋ぐとほぼ確実に敵大将を一発撃破させられる。

  • 対雑魚
    通常攻撃はリーチが短いので、多数を巻き込む「CRAZY STORM」か相手を突き放す「MAGNUM STEP」が使い易い。
    六爪時は通常攻撃ゴリ押しで安定。
  • 対陣大将
    「DEATH FANG」の追加入力が比較的制圧しやすいが、六爪なら「MAGNUM STRIKE」での制圧スピードが非常に速い。
  • 対武将
    「DEATH FANG」ならある程度アーマーを貫通するが、「CRAZY STORM」は攻撃強化しなければアーマーを破れず反撃される。
    六爪なら拾い性能が高い「CRAZY STREAM」がメインになる。
    「TESTAMENT」を使えば1発で倒せるので、ジャストを出せる人はこちらをメインに使うのもいい。

おすすめ装具

ヒット数もそこそこ稼げるので三桜でも強くはなるが、
単純に攻撃力を上げてしまったほうが、六爪状態での火力が非常に強力になる。

  • 黄金の老亀×4 + 愚か者の法 + 清正の虎皮
    安定型。奥義は「WAR DANCE」で。「愚か者の法」だけでも六爪状態の火力はかなりのもの。
    加えて、不安材料であった守備面も安定する。
    一刀、六爪のon/offの判断がしっかりできるなら、
    ガードや弾き返しも使っていけるので、ここまで極端に守りを固める必要はなくなる。
    操作に慣れ次第、老亀の数を減らして火力アップの装具に変えていくといいだろう。
    (低火力でも「MAGNUM STRIKE」なら陣大将撃破が早いので、海貝がおすすめ)
  • 黄金の老亀×5 + 清正の虎皮
    「TESTAMENT」をメインに戦う、対武将に特化した装備。
    元々雑魚兵は「CRAZY STORM」など殲滅できる技が多いので問題ない。

専用装具

「奥州筆頭」:スタート直後から六爪流で出撃し、解除されない。

「奥州筆頭」と「WAR DANCE」の比較

  • 「奥州筆頭」
    〜メリット〜
    ・絶対に解除されないため、常に高火力。
    ・固有奥義が空くため、「HELL DRAGON」や「TESTAMENT」と六爪を両立できる。
    〜デメリット〜
    ・常時防御力低下、ガード不可。

六爪流は相手の反撃を許さず勝ってしまえる性能なので、的確な攻撃さえできれば防御面のデメリットはあまり気にならない。
防御面のデメリットから敵武将のバサラ技は常時六爪にとって鬼門であるが、発動させなければ良いだけの話。
つまり「TESTAMENT」との両立で、ある程度デメリットを相殺する事ができる。

装備としては第5武器+「奥州筆頭」+「黄金の老亀」×2が安定する。
攻撃面は六爪だけで十分強力であり、「清正の虎皮」を装備しないのは、
2個目の「黄金の老亀」でアーマーがかかり「TESTAMENT」が成功しやすいからである。

  • 「WAR DANCE」のメリット・デメリット
    発動が早く、発生と同時に周囲を弾くので混戦時でも安全に発動出来、空中でも発動できるのが魅力。
    更に発動時間中に固有奥義ボタンを押せば一刀流に戻せる。
    六爪流時より攻め手に欠けるが敵のバサラ技への対策ができるので「奥州筆頭」装備時より即死する可能性が低くなるので手堅く攻める人向け。
    固有奥義が固定にはなるが、装具欄を圧迫せず、さらに必要な時だけ出せる六爪は他の奥義の利便性に充分匹敵する。
    デメリットは剣劇(最後まで出した場合)・相手の弾き返し・仰け反りで強制解除される事。

ちなみに「奥州筆頭」を装備していても、「WAR DANCE」を使用すれば、六爪流を解除できる。参考程度に

固有技

DEATH FANG(DEATH BITE)

初期習得
固有技長押しで打ち上げ攻撃。
通常攻撃ボタンで追加攻撃に派生する。
六爪時は打ち上げが2連撃になり空中攻撃が多段ヒットするようになる。

JET-X(X-BOLT)

初期習得
Xの字に攻撃する吹き飛ばし技。
六爪流時は攻撃回数が増加。
短射程キャラで方向キー技にもかかわらず突進系ではないため、他キャラと平行して使用していると混乱しがち。
ダッシュで発動後の隙を消すことができる。

MAGNUM STEP(MAGNUM STRIKE)

Lv5
距離の長い突進技。
六爪時は左手→右手の2連撃になり、初撃時に他の固有技を入力することで2撃目の吹き飛ばし攻撃をキャンセルすることができる。
X-BOLTやCRAZY STREAM、DEATH BITE追加攻撃などで吹き飛ばした敵に対してこの技で瞬時に間合いを詰めつつ
キャンセルで他の固有技を出すことにより継続的なコンボが可能。
タイミングと方向調整さえミスらなければ大将にも一方的に攻撃し続けることができる。

通常でも便利な技だが、六爪で陣大将に使用すると凄まじい威力を発揮する。
ダッシュでも隙を消せるので、対陣大将にはMAGNUM→ダッシュキャンセル→MAGNUM…と繋げると効果的。

CRAZY STORM(CRAZY STREAM)

Lv10
広範囲に及ぶ乱舞攻撃。
通常攻撃ボタンで攻撃回数が増加。
六爪時はより攻撃範囲が広がる。
ボタン連打による連続攻撃回数は20発+〆。
一刀時は技の発動時の電撃でプラス1発。

固有奥義

HELL DRAGON

Lv20
前方に電撃を放つ遠距離技。
固有奥義長押しで溜めが可能で、ヒット数と威力が増加する。
ダウンしている敵にもヒットし、さらにヒットした敵をダウンさせるため、特に武将戦で強力。
吹き飛ばしの櫂を装備し、MAGNUM STEPを使って敵を散らせば、安全に溜めやすい

WAR DANCE

Lv30→Lv40→Lv60
六爪流状態になり通常攻撃や固有技が変化。
ガード不可、防御力低下だが、若干仰け反り難くなる。
空中発動が可能で、レベルMAXだと20秒間持続する。
固有奥義ボタンを押せば六爪流から一刀流に戻す事ができる。
また空中発動の方が優秀で、ほぼ隙が無い。
WAR DANCEの効果が解除されるのは無攻撃状態、通常攻撃の合間、固有技の連携時。
余談だが、戦闘中に六爪流が解除されるのが嫌な時はWAR DANCEの効果時間を大まかに覚えておき、時間が来たらCRAZY STREAMで時間を稼いだ後にダッシュキャンセルでWAR DANCEを使えば続けて六爪流を使用できる。
連携中に勝手に一刀流に戻るのを阻止出来、WAR DANCE発動時の隙を消せる上に連携の一端として使える利点がある。
これを利用すれば専用アイテム装備時同様に攻める事が可能なので覚えておいて損はない。

TESTAMENT

Lv50
莫大なタメ時間を必要とする、絶大な攻撃力を誇る一撃必殺技。
限界まで溜めれば最大という訳ではなく、発動して4.7秒程(溜め姿勢に入って、地揺れが起きてから2秒)経って剣が光った時が最大溜めであり最高威力。
その威力はHP満タンのからくりや顔付武将すら一撃で葬り去る程。
剣劇やブーストを利用して発動しよう。
最大タメ成功時は周囲が明るくなる。
ブースト発動時は、通常攻撃初段→TESTAMENTジャストに繋ぐとほぼ確実に顔付武将を突破可能。
ジャストタイミングをマスターし、一撃必殺の快感を味わおう。

バサラ技

「竜の爪痕、その身に欲しいか? 二度と消えねえぜ?」
「It's one-eyed dragon!(これが独眼竜の真骨頂だ!) I can't lose!(負けるわけがねえ)」

一刀流から六爪流へと、徐々に扱う刀を増やしながら
斬り進む乱舞攻撃。バサラ技が終了した後も一定時間
六爪流での戦闘が可能。

バサラ後の追い打ちは、CRAZY STREAMが一番ダメージが高い。

小ネタ

  • 第2衣装は史実の愛用品であった「水玉陣羽織(紫地羅背板五色乱星)」がモチーフ。
  • 第5武器・暴走無頼剣を装備すると、移動速度が上がる。
  • 仲間武将のうち「帯電/雷神」を持つのが政宗のみなので、政宗自身は仲間による属性発動率強化の効果を得る事ができない。
  • 第5武器「暴走無頼剣」のデザインは声優ネタ。
    • 『NO MORE HEROES』の主人公、トラヴィス・タッチダウンが愛用するビーム・カタナを6本差したものになっている。
      • マフラーを模した鞘のデザインもトラヴィスの愛車、シュペルタイガーから。
      • ちなみにNO MORE〜の開発元であるグラスホッパー・マニファクチュアはPS2用ソフト『killer7』を2005年にカプコンから発売している。

武器

各武器の最大攻撃力、装具スロットについては武器を参考にして下さい。

名称説明属性固定装具
景秀・甲伊達政宗の基本武器--
景秀・乙伊達政宗の基本武器
体力が上昇する
-鈍色の猛牛
牙龍・甲攻撃時に確率で雷属性効果が付加される
敵をガード崩しや失神にしやすくする(効果小)

5%
鈍色の百足
牙龍・乙攻撃時に確率で雷属性効果が付加される
防御力が上昇する

5%
鈍色の老亀
爪破・甲バサラゲージがたまりやすい武器
バサラ技の攻撃力がかなり上昇する
-桑染めの猪突
爪破・乙バサラゲージがたまりやすい武器
戦刻ブースト中、攻撃力がかなり上昇する
-淡黄の猛虎
応龍・甲攻撃時に確率で雷属性効果が付加される
敵を撃破するごとに1両追加される

10%
追剥ぎ包丁
応龍・乙攻撃時に確率で雷属性効果が付加される
敵を撃破するごとに1石追加される

10%
経験のかんざし
暴走無頼剣・甲その独特の形状が暴走に拍車をかける
体力、バサラ、ブースト満タン時、攻撃力が大きく上昇

10%
黄金の古龍
暴走無頼剣・乙その独特の形状が暴走に拍車をかける
攻撃Hit数が常に+1される

10%
連撃の宝玉
景秀・無銘基本性能は低いが、装具による強化がしやすい武器--
景秀・山吹山吹色に輝く武器 装具による強化は一切できない
運が大きく上昇、かつ、敵を撃破するごとに4両追加
-山吹

※第5武器・暴走無頼剣には「ダッシュ時の移動速度アップ」という特性がついている。
この時のダッシュ速度は一刀流状態>六爪流状態の模様

ルート

ステージ名は省略してあります   以下、暫定
恐山、奥州、長谷堂、窪田、神流川、川中島、上田水、上田竜、小田原、帰雲城、手取川、三方ヶ原、背水、
関-内、関-謀、関-決、関-集、関-最、関-残、関-乱、金ヶ崎夢、金ヶ崎退、本能寺、大坂冬、大坂奪、大坂紅、大坂蒼、
雑賀荘、烏城、月山、厳島、中富川、能島(鶴)、能島(賊)、石垣原、戸次川思、戸次川三、耳川
※赤以外のルートはルートクリアによって解放されるものもあります
※本能寺への進み方はこちらを参考に
┃ ━ ┳ ┻ ┫ ┣ ┏ ┓ ┗ ┛ ╋ は「けいせん」で変換
※通過済みルートには、進軍先を選ぶ画面の武将名の右下あたりにチェックがつきます

  赤ルート 地に墜ちてきた竜

恐山長谷堂川中島窪田上田水手取川三方ヶ原関-決
金ヶ崎退本能寺
小田原
神流川
窪田川中島
窪田長谷堂川中島
川中島長谷堂
長谷堂恐山川中島窪田
神流川
窪田川中島
川中島恐山窪田
神流川
窪田恐山
神流川恐山
窪田川中島恐山
恐山川中島
窪田長谷堂神流川川中島
川中島神流川
川中島長谷堂神流川
神流川長谷堂
神流川川中島長谷堂
長谷堂川中島

  青ルート 蒼紅永劫

  緑ルート   紫ルート   黄ルート 天下統一への道

大坂冬金ヶ崎夢手取川川中島長谷堂窪田神流川雑賀荘
神流川窪田
窪田長谷堂神流川
神流川長谷堂
神流川長谷堂窪田
窪田長谷堂
上田水川中島長谷堂窪田能島(賊)
窪田長谷堂
神流川
小田原
三方ヶ原小田原窪田長谷堂厳島
神流川
上田水長谷堂窪田
神流川
小田原
帰雲城
烏城月山厳島能島(鶴)石垣原耳川大坂紅
戸次川思
中富川
雑賀荘能島(鶴)
中富川
厳島雑賀荘能島(鶴)
中富川
月山能島(鶴)
中富川
中富川能島(鶴)厳島
雑賀荘厳島

[スポンサードリンク]


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-04-07 (日) 21:06:13 (224d)