煙鳥翔華 雑賀孫市

声:大原さやか  武器:銃

傭兵集団雑賀衆の頭領。雑賀衆こそ最強と自負する誇り高き三代目。
非常に用心深く、金にも感情にも動かされず、雑賀衆を高く評価する者とのみ契約を結ぶ。
誰と契約しようとも決して屈せず、己の生き様を貫くため、一弾となって戦場を駆け抜ける。

 

取り乱した孫市を見るなら、信長で「雑賀荘の戦い」
もしくは、孫市で「金ヶ崎の退き口(絵巻モードのみ)」「本能寺の変」で見ることができる。

ちなみに元親からは「サヤカ」と呼ばれる事が多いが、
史実上雑賀衆の一人に「サヤカ」と呼ばれる女性がいたことからとされる。
(史実資料館エピソード編、「雑賀の交流相手」の項を参照)

  • 特徴
    前作のまつに並ぶ、今作屈指の凶キャラ。
    様々な銃火器を駆使して戦う。
    銃火器による遠隔攻撃が主体であり、距離を保つ限り敵に一切反撃を許さずに撃破可能。
    移動能力も高水準。
    各固有技使用後、武器持ち替えにより通常攻撃ボタンの通常技が変化するのが大きな特徴。
    マグナムとショットガンは通常攻撃ボタン長押しによるチャージショットが可能。

使用上の基本テクニック

様々な戦い方があるが、もっとも制圧スピードが早いのは、ショットガン(チャージ)。

  • マグナム
    直進する弾丸を発射して攻撃する。連射可能で隙が無く扱いやすい。
    弾丸の攻撃範囲そのものは狭いが、攻撃時の移動速度は早いので十分カバーできる。
     
    チャージショットは、着弾後に敵が爆発してダウンするので、
    遠方からタイミングよく連射しているだけでもボスが倒せる程の性能を持つ。
    しかし、高難易度の武将は爆発を回避するので注意。
    戦刻ブースト中に攻撃すれば爆発も回避されず、究極難易度でも余裕で倒せる。
     
    意外にも威力がショットガンの全弾ヒットより高いので装具次第では究極のカラクリも一撃で破壊可能、陣や動物、おたずねものも言わずもがな。
  • ショットガン
    前方のそこそこ広い範囲にダウン属性の散弾を放つ。
    一発ごとにリロードがあるが、短いので連続して攻撃可能。
    攻撃時の移動速度はマグナムより遅いが、小回りがきくのでそれほど問題はない。
     
    チャージショットは威力が高く、前方の敵を広角度にまとめて掃討できる。
    発射後は長いリロードモーションが強制的に加わり、隙が大きい。リロードモーションには、一応攻撃判定がある。
    リロードモーションは回避でキャンセルできる。
    通常攻撃ボタンとガードボタンを押しやすいボタン配置に変えるのがよい。
    空中チャージショットなら、リロードの隙が発生しない。
    接近して攻撃すると、全弾命中させることができるので非常に威力がある。
  • マシンガン
    攻撃中移動不可。前方90度までスティックで射角の調整ができる。
    通常攻撃ボタンを押しっぱなしにすることで連射可能。
    攻撃速度と回数が多くコンボを大量に稼ぐことができる。
    10人程の集団に撃ち込めばフィーバー状態に移行する程。
    反面、攻撃力は3種のなかで最低。また敵が一切怯まないのであっさり近づかれる。
    近づかれたら、ヒレンジャクで後方に回避→マシンガン通常が使いやすい。
    連射できることを考慮してもダメージソースには向かない。
     
    また、リロード時間が長めで直後に攻撃を当てられないとコンボが途切れる。
    弾切れ前にボタンを離し、少し移動して撃ち直すと弾が全回復しリロード不要となる。
    リロード代わりの移動は回避でもOK。位置調節もしやすく、見た目的にも映える。
     
    固有奥義について少し述べておくと、「狙弾 カワセミ」の照準を集中させるとミサイルが全弾ヒットする。その時の火力が非常に高い上に、全弾発射されれば余程の事がない限りは回避困難と強力。
    またおたずねもの相手にも一切ガードされないため、出現したら少し距離をとってロックオンするだけで難易度究極だろうとほぼ確実に倒すことができる。
    ただし、特定の相手に当てたい時に周りに雑魚がいると、そっちにもロックオンしてしまうので注意。
    カワセミを特定の相手に当てたいなら、なるべく一対一の状況になるように周りを一掃しておく事。
     
    また「援弾 ヤタガラス」の援護射撃はガードクラッシュ性能を持つので、おたずねものや高難易度プレイ時の対ボス戦に意外と有効。

おすすめ装具

  • 黄金の鉾×n(+愚か者の法)
    ショットガン(チャージ)が脅威で、相手や状況を選ばずしてこの装備だけで全てが済む。
    「愚か者の法」も付ければ、陣大将以下はほぼ1発で撃破し、武将も4~5発で倒せる場合がほとんど。
    愚か者の法を付けた場合は防御面が貧弱になるが、その辺りは固定装具の効果を考えた武器選択、
    そしてリロードを兼ねた回避を駆使することで対処したい。

専用装具

「煙鳥翔華」:通常攻撃時の銃弾がロケット弾(「狙弾 カワセミ」の弾)に変化する。変化するのはマグナム装備時のみ。

  • ロケット弾は自動で一番近い敵を追尾する。
  • チャージショットでは同時に4発のロケット弾を発射する。

高追尾性能・高威力・高連射力を併せ持つ通常攻撃はかなり強力。
タイマン戦では「煙鳥翔華」のために装具スロットを4つ使う価値あり。
ただし、雑魚ボス入り乱れての戦いでは弾が四散して、逆にダメージが小さくなってしまうことも。

固有技能

  • 武器持ち替え
    特定の固有技を使うことで銃器を持ち替え、通常攻撃・空中攻撃が変化する。
    バランスの取れたマグナム、攻撃範囲が広いが連射が遅いショットガン、連射が早いが威力が低くその場から動けないマシンガンの3種類。
  • チャージショット
    マグナム、ショットガンは通常攻撃ボタン長押ししてから離すことでタメ撃ちが可能。範囲・威力が強化される。
    回避で隙をなくすことが可能。
    マグナムはさほど変わらないがショットガンはリロードモーションが無くなる為、かなり使い勝手が良くなる。

固有技

衝弾 クロツグミ

初期習得、Lv10、Lv45
ショットガンで周囲を撃ちながら前進する 通常技ボタン追加入力で追加攻撃可能
レベルアップで攻撃回数が増加
技終了後、ショットガンに持ち替え

広い範囲の敵を攻撃しつつ、前方にかき集めることができる便利な技。
最後の一撃で敵はその場に打ち上げられるので、
打ち上げ時にボタンをホールドしておけば、地面に落ちてくる頃に
ちょうどチャージショットをぶちかませて爽快。

また、「双弾 ジョウビタキ」、「火弾 ヒレンジャク」、「連弾 サンコウチョウ」、いずれの追撃とも相性がよい。
とにかく多数の敵を巻き込みたいときにオススメ。

技発動直後'ショットガン攻撃前)はヒレンジャクによるキャンセルが可能。
この時、キャンセルのタイミングによってはクロツグミの効果音がでる。

双弾 ジョウビタキ

初期習得、Lv25、Lv45
マグナムで敵を撃ち抜く 固有技ボタン長押しで追加攻撃
レベルアップで攻撃回数増加(追加攻撃中に通常技ボタンで攻撃可能)
技終了後、マグナムに持ち替え

移動距離の長い突進技。
突進移動が終わり足を止めて銃撃に入るまでならば他の固有技でキャンセル可能。
突進は近くの敵を多数引き込む効果があるので、
連弾サンコウチョウ長押しや衝弾クロツグミでかき集めてから使うとかなりの人数を巻き込める。
引き込み効果のおかげで、「衝弾 クロツグミ」、「火弾 ヒレンジャク」、「連弾 サンコウチョウ」、
いずれも突進をキャンセルして使うと、より多くの人数を巻き込むことができる。テクニックの一つとして覚えておくといい。

また、突進移動前も「火弾 ヒレンジャク」によるキャンセルが可能。
この時、キャンセルのタイミングによってはこの技の赤い突風が出る。

技の後は、ヒレンジャク長押しやマシンガンに切り替えての追撃が可能。
距離を詰めたい時にも使える、優秀な技。

かなりシビアではあるが、突進→銃撃直前にジャンプでもキャンセルできる。ジャンプボタンを連打していればできなくもない。
キャンセルのタイミングは、孫市が左手を振り上げた瞬間。
盾兵の守りを突破しつつ、余計なモーション無く速やかに移動できる。
突進→ジャンプキャンセル→空中固有技でコンボにもなる。以降のコンボにも繋げられる。

火弾 ヒレンジャク

Lv5、Lv30、Lv55
後方回避しながら前方に手榴弾を放り投げる。
固有技ボタン長押しで跳弾 レベルアップで弾数増加
また、挑発した回数に応じて弾数増加(ヒレンジャク使用後にリセット。最大8個)。

この固有技は迎撃性能が良いので懐に入られた際に役立つが、相手の攻撃範囲内にいる場合、むやみに使わない事。
下がりながら投げる為一見平気に見えるが単体使用の場合、他の固有技と違い、隙ができてしまう。
そのため、政宗や幸村、慶次といった通常攻撃の発生が速い相手には注意しないと、難易度究極では致命傷を負う事もあるので気をつけて使用すること。

また、跳弾している間に通常攻撃を当てると、その場で爆発する。
意図的に行う場合はショットガンが安定する。
(マグナムは敵を自動的に補足するため、銃弾が別の方向に行きがち)

この固有技のみキャンセルからの使用時、初動モーションがキャンセルされる。
(石田三成の「刹那」と同様の効果)

銃の弱点である懐に入られたときに距離を取りつつ攻撃できるのがこの技。
爆発させる方法で敵の吹き飛び方が違うということも覚えておくといい。

  • 普通に地面で爆発させた場合→左右に散るように吹き飛ぶ
  • 通常銃撃によるキャンセルで空中で爆発させた場合→その場にへたりこむ
  • 固有技ボタン長押しで跳弾させた後に爆発した場合→花火のように高く打ち上げられる

基本的に各固有技からのキャンセル使用はそれなりに範囲があり、「双弾 ジョウビタキ」からのキャンセルは突進するので範囲は広め。

また、この技には引き寄せ効果に似た効果が発生する。
(厳密には、敵が引き寄せられるように手榴弾の方に向かう)

スーパーアーマー持ちの宗茂や忠勝に対しても有効。近寄られることなくダメージを与え続ける事ができるが受け身には注意する事。

連弾 サンコウチョウ

Lv15、Lv40、Lv55
その場で敵を蹴り上げてマシンガンを連射する。
固有技長押しで打ち上げ攻撃に派生。
打ち上げ後は攻撃方向の微調整が可能。
技終了後、マシンガンに持ち替え。

技の〆は敵を自分の周りに寄せ集める効果がある。
それから手榴弾、双弾ジョウビタキ、連弾サンコウチョウで追撃してもいいが、
ここは、普段あまり使う機会のないマシンガン空中攻撃やジャンプ特殊攻撃を多数の敵に当てる絶好のチャンス。
〆動作はジャンプでキャンセルできるようになっているので、有効活用しよう。
マシンガン空中攻撃では、敵をその場に留めつつ着地後に即座に次の動作に移れるので、スムーズな追撃が可能。
ジャンプ特殊攻撃は周囲の敵を寄せ集め前方へ運ぶ効果がある。もちろん追撃。
うまく利用して華麗なコンボを作り上げよう。

固有奥義

狙弾 カワセミ

Lv20、Lv35
ロックオンした敵をロケットランチャーで追従攻撃。
状況次第では敵一体に集中砲火を浴びせることが可能。
レベルアップすると固有奥義ボタンを押している限り、照準を動かす事ができる。
高火力、高誘導だが、地面からロケラン射出→構えてロックオン→発射前の溜めと、
発動するまで隙だらけになる、ハイリスクハイリターンな奥義。

初動までに時間がかかるものの、ロックオンできる限界距離はマシンガンの射程以上もあり、
更にロケット弾は地面に触れると着弾せず這うように直進する(階段でも同様に発生する)
と、遠距離攻撃としての性能は非常に良い。
そのため、爆弾兵や銃兵等の面倒な雑魚相手を一方的に叩く事ができる。
(ロックできなくても、射程範囲内にいる敵なら大抵当たる)

発動までの隙が多いので使用時には剣劇や弾き返し、ブースト等のフォローが必要。
一例として、
雑魚相手に場合は「火弾 ヒレンジャク」長押しを行いつつ発動すると良い。
(普通に固有技で攻めた方が速いが、どうしても使いたい時に)
有名武将相手に当てたい場合、ダウン時に狙うのが一番だがかなり不安定で固執し過ぎると逆にこちらが削りきられる。
妥当な手は相手のバサラ技発動時に発動する事だがかなり限定されてくる。
距離を開け、バサラ技終了と同時に撃てば相手はただの的になるが、
風魔、元親、家康はラストに遠距離攻撃を放ち、
鶴姫、三成に至っては移動距離が長い(補足として慶次も再出撃時の小道(?)を行ききれる程)ので、
彼ら相手は射撃前に潰される可能性が非常に高い。
とはいえ裏を返せば彼ら以外は距離さえ空けば的当てゲームになるのであながち悪い手ではない。
彼ら相手は他の固有奥義で堅実に倒すのが無難。
この方法が一番有効なのは織田信長。
しかも信長は復活時は演出もあるせいか、完全に隙だらけで、
破滅ノ焦土発動中は範囲さえ理解してれば的同然なので、かなり有利に立ち回る事ができる。

かなりセコイ手ではあるが、敵の名乗りが発生するギリギリの所で発動、
ロケランを相手に向ける時の一歩で名乗らせれば大体の敵は当たってくれる。
名乗りの範囲を知っておく必要がある上にステージによっては難しい分も含め、
ハイリスクだが、それに見合ったハイリターンがあるのでやってみる価値はある。
とはいえ、この時も鶴姫相手だと簡単に潰されるので鶴姫相手は素直に他の固有奥義にした方が良い。
なお、小田原の奇襲路からカワセミで下の陣を制圧できる

余談だがロックしてない時の弾道はロック(赤いレーダー)を中心に、
それぞれが回転しつつ(発射時は)ばらけて収束するように飛んでいく。
地面を這うように撃った場合は発射角度によるが、
ロックマーク(先端)が地面に軽く触れる位の角度は殆ど直進していき、
それ以上に下にしていけばいく程ばらけて行く。

設弾 カイツブリ

Lv40、Lv60
操作できる導火線を発生させる技。
固有奥義ボタンを押している間、導火線が直進する。
その間に方向キーで向きを変えられる。
導火線に触れた雑魚は転び、有名武将はHIT時にその場に座り込む(身動きを止める)性質がある。
その後、導火線にそって爆発が起こる。
遠距離からでも相手の動きを止められるため、「狙弾 カワセミ」と異なり手堅く攻めるのに有効。
レベルアップすると導火線の数が増加する。

状況が限定されるが、究極の本多忠勝をハメることができる。
移動用滑車の台などの狭い場所で忠勝が来るのを待ち、通常攻撃を繰り出してきたら素早く回避して戦刻ブースト発動。
この時、ブースト発動の衝撃で忠勝を狭い場所に追い込む。
上手く追い込めたら、設弾カイツブリの導火線を忠勝に向けて発動。
忠勝は爆発で吹き飛ばないため、カイツブリが全弾ヒットする。
なお、吹き飛ばない武将であれば誰でも可能で、宗茂や官兵衛でも可能。

援弾 ヤタガラス

Lv50、Lv60、Lv65
援護射撃を受ける技。
再度固有奥義ボタンで射撃方向を変更可能。
レベルアップすると効果時間が伸びる。
射撃方向はボタンを押すたびに「×」→「=」→「||」→「×」と変化する。
効果時間が切れると砲撃で〆。

「×」はオールマイティな通常型。
「=」は距離的に衝弾クロツグミや手榴弾との相性が特にいい。マシンガン通常攻撃時の防護弾幕にもなる。
「||」は攻撃特化。「双弾 ジョウビタキ」やマシンガン通常攻撃の強力な援護となる。
目に見える効果が最もあるのはこの状態。ただし脇からの攻撃には注意。

最初の信号弾にもちゃんと攻撃判定はあるので、
敵を引きつけてから使ってもある程度は安全。

バサラ技

「啼け!誇り高きヤタガラスよ! 何にも恥じぬ生き様を」
「八咫に羽ばたけ、雑賀黒鳥(さいかこくちょう)! 我らも共に飛べ!」

所持する銃のすべてを上空へと放り投げ、
落下する銃を次々と受け取りながら全ての弾丸を空とするまで撃ちつくす。

武器

各武器の最大攻撃力、装具スロットについては武器を参考にして下さい。

名称説明属性固定装具
八咫烏・甲雑賀孫市の基本武器--
八咫烏・乙雑賀孫市の基本武器
体力が上昇する
-鈍色の猛牛
火結・甲攻撃時に確率で炎属性効果が付加される
敵をガード崩しや失神にしやすくする(効果小)

5%
鈍色の百足
火結・乙攻撃時に確率で炎属性が付加される
防御力が上昇する

5%
鈍色の老亀
勝鴉・甲バサラゲージがたまりやすい武器
バサラ技の攻撃力がかなり上昇する
-桑染めの猪突
勝鴉・乙バサラゲージがたまりやすい武器
戦刻ブースト中、攻撃力がかなり上昇する
-淡黄の猛虎
金鵄・甲攻撃時に確率で炎属性効果が付加される
敵を撃破するごとに1両追加される

10%
追剥ぎ包丁
金鵄・乙攻撃時に確率で炎属性効果が付加される
敵を撃破するごとに1石追加される

10%
経験のかんざし
からす・甲手にした物がなんであれ、胸の誇りは変わらない
体力、バサラ、ブースト満タン時、攻撃力が大きく上昇
-黄金の古龍
からす・乙手にした物がなんであれ、胸の誇りは変わらない
Hit数が常に+1される
-連撃の宝玉
八咫烏・無銘基本性能は低いが、装具による強化がしやすい武器--
八咫烏・山吹山吹色に輝く武器 装具による強化は一切できない
運が大きく上昇、かつ、敵を撃破するごとに4両追加
-山吹

ルート

ステージ名は省略してあります   以下、暫定
恐山、奥州、長谷堂、窪田、神流川、川中島、上田水、上田竜、小田原、帰雲城、手取川、三方ヶ原、背水、
関-内、関-謀、関-決、関-集、関-最、関-残、関-乱、金ヶ崎夢、金ヶ崎退、本能寺、大坂冬、大坂奪、大坂紅、大坂蒼、
雑賀荘、烏城、月山、厳島、中富川、能島(鶴)、能島(賊)、石垣原、戸次川思、戸次川三、耳川
※赤以外のルートはルートクリアによって解放されるものもあります
※本能寺への進み方はこちらを参考に
┃ ━ ┳ ┻ ┫ ┣ ┏ ┓ ┗ ┛ ╋ は「けいせん」で変換
※黄色は仲間追加ステージ
※通過済みルートには、進軍先を選ぶ画面の武将名の右下あたりにチェックがつきます

  赤ルート   青ルート

手取川帰雲城三方ヶ原上田水川中島長谷堂奥州 
小田原奥州
奥州長谷堂小田原関-決
金ヶ崎退本能寺
小田原長谷堂
小田原奥州川中島
川中島奥州
小田原窪田恐山川中島
川中島恐山
神流川
大坂冬月山厳島石垣原中富川関-最
金ヶ崎退本能寺
中富川石垣原
中富川厳島石垣原
能島(鶴)石垣原
烏城厳島中富川石垣原
石垣原中富川
能島(鶴)厳島耳川
耳川厳島
中富川月山厳島耳川
能島(鶴)耳川
能島(鶴)厳島耳川
戸次川思耳川
帰雲城手取川

[スポンサードリンク]


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-12-03 (月) 18:41:00 (2545d)