モンク

武器
転職条件格闘家Lv30+僧侶Lv30
  • 気の力による回復の技を兼ね備えた格闘職。
  • 格闘家との違いは、投げ技が無くなったことと、回復技でサポートにも回れること。
  • 通常攻撃を2段目で打ち止めにして延々ループ…は硬直増加によってできなくなった。その所為で通常攻撃は大分使い勝手が悪くなった。
    • 代わりに通常×2→上通常→鷹爪襲撃でループ可能になっている

術技

習得
Lv
技名分類属性消費TP
(Master)
習得条件
(Master)
説明
初期魔神拳特技-5
(4)
拳撃を飛ばして敵を攻撃する特技
125%
3疾空脚特技-7
(6)
下段払いから回し蹴りへ続く特技
229%(89%→140%)
5連牙弾特技-11
(9)
素早い六連続攻撃を繰り出す特技
306%(51%x6)
7三散華特技-10
(9)
素早く三連続攻撃を打ち込む特技
278%(75%→89%→114%)
9治癒功治癒術13
(11)
対象となる味方一人のHPを20%回復する術
詠唱時間:1.5秒
13獅子戦吼秘技-15
(13)
闘気を敵に叩き付け吹き飛ばす秘技
410%(143%→267%)
15剛招来特技-8
(7)
60秒間物理攻撃力を10%上昇させる特技
18?散華猛襲脚奥義-21
(18)
三散華飛び込みから三散華に繋げる奥義
551%(238%→85%→100%→128%)
21飛燕雷脚秘技18
(16)
疾空脚上昇回転蹴りから、落雷の様に蹴り付ける秘技
440%(64%x2→121%→191%)
24臥龍空破秘技21
(18)
強烈な下からの突き上げで、敵を浮かす秘技
510%(255%x2)
29解毒功治癒術8
(7)
対象となる味方一人の毒異常を回復させる術
詠唱時間:1.5秒
33飛燕連天脚奥義21
(18)
疾空脚連続空中回転蹴りから追いうちの連撃を繰り出す奥義
532%(78%x2→133%→243%)
37発氣治癒功治癒術24
(21)
対象となる味方一人のHPを40%回復する術
詠唱時間:2.5秒
41鷹爪襲撃秘技-13
(11)
空中から地上への急降下攻撃を行う秘技(空中発動可)
335%
44奥義-18
(16)
自らの闘気を爆発させ周囲の敵を吹き飛ばす奥義
450%
45獅吼爆砕陣秘奥義
技系
-15000%(1300%x2→800%x3)
49回生功治癒術44
(39)
対象となる味方一人を戦闘不能から復活させる術
詠唱時間:2.5秒
51鷹爪落瀑蹴奥義-18
(16)
鷹爪襲撃流星の如く空中から地上の敵への急降下攻撃をする奥義
450%(97%x2→256%)
56殺劇舞荒拳奥義39
(35)
神速の連続攻撃を行う奥義
1201%
(56%→65%→75%→85%→100%→60%x2
→110%→120%→130%→65%→110%→165%)
60錬氣治癒功治療術-34
(30)
対象となる味方一人のHPを75%回復する術
設定ミスのためかマスターまでの回数が50回になっている
詠唱時間:3.5秒

前作からの変更点
 2で習得していて今作で削除された術技、
  飛燕連脚、獅子連涛打
 3で追加された術技、
  疾空脚、発、錬氣治癒功
 また前作では秘奥義含め術技の総数が19種だったが今作で20種に増加した。

性能考察

  • 格闘職全般に言える事だが、今作から手装備が装備可能にはなったがそれでも剣士職と比べ打たれ弱い事に注意。
  • 但し、格闘家と違いこちらは回復技がある為、意識して立ち回れば自分・パーティー共に生存率は高くなる。
  • 格闘家と比較すると打ち上げる技、空中で攻撃する技、ヒット数が少なく単発威力の高い技が多い。
    • そのため味方との連携には不向きで、1対1での戦闘の方が得意。ゲージ回収率はあまり良くない。
  • 回復術が増え、通常攻撃の回転率も相まって回復役としてもそれなりに活躍できる。
  • 前作では上位の発氣治癒功が治癒功よりTP消費が低かったが、修正された。
  • 奥義「発」が乱戦・タイマン共に優秀(範囲・単発ダウン&吹き飛ばし)。緊急回避の感覚で使って行こう。
  • 攻める隙を狙いやすい職なので、剛招来を忘れずに。
  • 秘奥義「獅吼爆砕陣」は攻撃範囲が狭い&敵によってHit数が変動しやすい。
  • 余談として、解毒功・回生功のマスターが面倒なのは承知しておこう。(特に解毒功)
  • 上通常攻撃で浮く敵に対しては、上→着地→地上Nが繋がる。NN(下)上→着地N〜で一応無限コンボ。

お薦め連係(コンボ)

  • N*2⇒↑N⇒鷹爪襲撃⇒N*2⇒↑N⇒鷹爪襲撃⇒・・・・
    • ↑Nで浮く敵限定のループコンボ。タイミングは若干シビア。
  • ↓N*3⇒連牙弾⇒飛燕雷脚⇒飛燕連天脚
    • 浮かない敵にも安定して繋がるコンボ。
      相手が中型・小型の場合は飛燕雷脚を臥龍空破に変えてダメージアップを狙おう。

対レディアント戦

  • Rモンク相手の場合、回復術&蘇生術を持っているので削れる時に一気に削っていこう。
  • レベル50代程度で戦闘する場合、相方が死んでしまった瞬間にリンチされて即死もあり得るので、体力維持に気をつける。
  • 体力が少なくなってくると治癒功系で大量のHP回復をしてくるので詠唱を止めるか秘奥義等で高速で削り続ける事。
  • どちらかが倒れても回生功で蘇生してくる事もあるので、一息付いて回復する前に警戒しておこう。
    (蘇生してしまうとさっさとHP回復してしまうので注意)

パラメータ

LvHPTP物攻物防術攻術防敏捷移動速度
2508300760410380400340630100

コメント

  • Wiki編集ができない方用に作ったコメント欄です。
    質問や雑談は禁止です。発見次第削除します。

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 常識で考えれば、秘奥義の強さなんて特筆すべきことじゃない。しかも普通の奥義と同列に書くと誤解を招く。ゲージ回収能力が極端に高いわけでもなし。ていうか下手すりゃ器用貧乏なだけなのに「悩んだらとりあえず」なんて気持ちで扱えるのか? -- 2011-03-28 (月) 23:37:41
    • そういわれればそうだね…。だから俺も「一応」って付けた。まぁ通常攻撃も技も軒並みクセが強いし、どっちかってぇと「悩んだら取り敢えず」で扱えるような万人向けの職ではないよな。ただ、器用貧乏ってワケではないんじゃない?今回錬氣治癒功のおかげで回復力が上がってるわけだし、パーティの攻撃力を高めつつ回復力もほしいってときにはもってこいの職業なんじゃないかな。少なくともモンクを器用貧乏って言っちゃうと何か一つに飛び出たキャラクター・職業以外みんな「器用貧乏」ってことになってしまわないかな?って俺は思う -- 2011-03-29 (火) 00:04:19
      • っていう俺の持論は置いといて、まぁこの項目は消しちゃっていいんじゃない?殺劇舞荒拳の威力が高いってのは残しといてもいいだろうけどさ -- 2011-03-29 (火) 00:07:46
      • 下手すりゃ、だからな? しっかり扱えるなら万能だよ。 -- 2011-03-29 (火) 23:37:25
  • まずモンクの場合ゲージ回収を考えると飛び上がる技を使わざるを得ん。連牙弾→飛燕雷脚→飛燕連天脚or鷹爪落瀑蹴 とかな。地上で続けたくば、とにかく地上技で繋ぐ、ってことだけ考えるしかないだろうな。連牙弾→鷹爪襲撃→散華猛襲脚 とか。全く安定せんしヒット数も大したことにならんが。 -- 2011-04-01 (金) 13:08:54
  • 殺劇舞荒拳、ホントに前作のまま補正無しか?連携の途中で敵が死んだ時、新しくエイムかかった敵目がけてホーミングしたぞ? -- 2011-05-13 (金) 21:50:31
  • 開幕での鷹爪→発が強力 密集した敵をバラせる -- 2011-08-12 (金) 10:20:51
  • 次があったら三散華のヘンテコモーション変えてほしいな -- 2011-12-23 (金) 00:16:58
    • できれば、蹴りの三散華にしてほしい -- 2013-01-18 (金) 19:17:16
  • 範囲攻撃の発は溜め動作終了辺りから鋼体発生を確認 -- 2012-01-14 (土) 06:18:14
  • 俺飛燕連天脚と飛燕雷脚 -- 2012-07-15 (日) 17:06:50
  • 飛燕三連コンボが使えなくなったのが残念 -- 2012-08-02 (木) 12:08:20
  • 三散華が見るに耐えないほどダサいし遅い。神速(笑) モンクは全部ファラのモーション使い回しでいいだろ。 -- 2012-10-19 (金) 08:06:31
    • でも三散華って鷹爪蹴撃を安定して繋げる唯一の特技だぜ?三散華→鷹爪蹴撃→ご自由に -- 2012-12-16 (日) 20:20:18
      • ファラを引き合いに出すなら三散→鷹爪→鷹爪落ができるな -- 2012-12-16 (日) 20:22:02
  • コハクが殺劇舞荒拳を秘奥義に出すのになんでモンクでは奥義?しかも属性もコハクそのものやし・・・・ -- 2013-01-18 (金) 19:14:12
    • 殺劇舞荒拳が奥義なのはファラも奥義だからでしょ。モンク自体ファラがモチーフだし -- 2013-01-20 (日) 19:34:24
お名前:



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-11-02 (水) 22:47:23 (3645d)