暫定的に"女郎蜘蛛"のデフォルト名"アラネ"で載せる事にします。色違いでの会話の差異は会話中の"種族"と"名前"のみ。

<一回目>
ジャン 「ん! アラネちゃん?
      …なんだ、寝てるのか……」
     「……それにしても…かわいい寝顔だなぁ…
      このまま、ずっと起きなければいいのに…」
     「女郎蜘蛛は
      毒、持ってないはずなんだけど…
      この子は、かなりの毒舌だからなぁ…」
     「お前はタランチュラか!」
     「………なんて……
      …ア、アレ? 手が…離れない?
      このハンモック…まさか!?」
アラネ 「……ん…う〜ん……ん?
      …………何してるの……?」
ジャン 「いや! これはその!
      …ツッコミを入れようとしたら、
      手がハンモックにひっついてしまいました…」
アラネ 「…意味わかんない。」
ジャン 「そうでしょう! そうでしょう!
      僕の言うことになんか、意味なんてないですから!」
アラネ 「…そんなの知ってる。」
ジャン 「ちょ! ちょっと! アラネちゃん!?」
アラネ 「…何よ?」
ジャン 「このハンモックって、あなたの糸ですよね?
      ど、どうやったら外れるんですかぁ〜?」
アラネ 「…知らない。」
ジャン 「し、知らないって…!
      今、普通に降りましたよねぇ?」
アラネ 「…それ元々、私にはくっつかないし…」
ジャン 「……じゃあ、どうすれば…」
アラネ 「…私が外せばいいのよ。」
ジャン 「! それなら、早く外して下さい!」
アラネ 「…いや。」
ジャン 「なんで!」
アラネ 「…私、バカは嫌いなの。」
ジャン 「くっ……!
      どうせ、後でみんなが助けてくれるから、
      いいですよぉ〜!」
アラネ 「…その糸……動くと、もっと絡みつくよ。」
ジャン 「へ? うわ! なんだコレ!
      ちょっと! 顔にまで…ふごふご!」
アラネ 「…言ったでしょ? …バカは嫌いなの…」
ジャン 「ふご! ふごごごご、ぷぴー!
      ばぼ、ぼぼべば! ふごふご、ぎぎがぼ!!!」
アラネ 「……? …今、なんて言ったの?」
ジャン 「ハァハァ…こ、こういうプレイだと…思えば…
      ……結構いいかも…!?」
アラネ 「………」
ジャン 「わ! …ちょ……!?
      ふご! ふごごごご! ふごふご!」
アラネ 「………私、変態はもっと嫌いなの…」


<二回目>
ジャン「…それにしても……この前の糸はすごかったなぁ……動けば動くほど、絡みつくし…最後の方は、呼吸もしづらくなってたからなぁ………ん?あれ?も、もしかして、かなり危険な状態だった?レイナさんが見つけてくれなかったら………う〜!ゾッとする!!もう、近づくのは止めておこう…」
アラネ「うと…うと…」
ジャン「あ…また寝てる………まぁ……寝顔を見るだけなら!ふっふふん〜、アラネちゃん!…やっぱり最高だなぁ!この眺め!…これで、もうちょっと優しくなれば、最高なんだけどなぁ〜……ハァ…世の中、うまくいかないなぁ…」
アラネ「…アンタよりは、うまくいってるわよ。」
ジャン「あ…起きてる………ほら、そうやってまた毒をはく…あんたはタランチュラか〜い!って!…し、しまった〜!また、糸が〜!!!」
アラネ「…ほんとバカね。脳みそあるのかしら…?」
ジャン「ぼ、僕は純粋なんです!騙されやすいんです!!」
アラネ「………純粋なら、人の寝顔を、勝手に覗こうなんて思わないわよ…」
ジャン「ぼ、僕は…欲望に純粋なんです!」
アラネ「…自分から変態だと認めるのね………ほんと、バカね…」
ジャン「バカでも、変態でもいいですから!早くこの糸、外して下さいよぉ〜!……うわ!もう来た!あーごもごぼぼ!」
アラネ「…学習能力、0ね…」
ジャン「ごぼごぼ!ぶは!うぼぼ!」
アラネ「……この前より、きつめにしてあるから。……さようなら…」
ジャン「!?…ぼっじょばっで!どどば!どどば!ぼぶびぶばびで〜!」
アラネ「…?……何?」
ジャン「……ぶはっ!!そ、それは、そういう意味ですか!?」
アラネ「…何が?」
ジャン「こ、この前よりきつめなのは…ご褒美ですか?それとも、お仕置きですか?」
アラネ「…本気ってことよ。」
ジャン「へ?」
アラネ「…言ったでしょ?…さようならって?」
ジャン「へ?ちょっと!嘘ですよね〜!?この前より本気っ…でぶ…ぼごもご!」
アラネ「…何度も言うけど、バカは嫌い。」

<三回目>
ジャン「フフフ…これさえあれば…あの糸を……フフフ…フハハハハハハハハ!…ん?待てよ?あの絡みつく糸を…切るだけじゃなく、なんとか僕の物にできれば…す、すごいことが出来るかもしれないぞ!……た、例えば…トモエさんなら………むふふ…むふふふ…レ、レイナさんだったら……むはっ!レイナさんが…あんな姿に…むふふふ…お、お嬢様でさえも…ごふっ!…こ、これ以上は…!!……ハァハァハァ…危なかった〜!な、なんてすごいアイテムなんだ…!………よし……!必ず手に入れてみせる!!!アラネちゃ〜ん?……いませんかぁ〜?…よし!いないようだ!!」
アラネ「…誰がいないって?」
ジャン「うわ!!」
アラネ「…アンタ…この前……ニヤニヤしながら、死にかけたことを忘れたの?」
ジャン「わ、忘れるわけないじゃないですか!…確かに、記憶は曖昧ですけど!」
アラネ「…なら、何しにきたの?もう一回死にかけたいの?」
ジャン「ち、違います!…あの糸、ちょっと貰いますよ!?それぐらい…いいですよね?」
アラネ「…いくらでも持っていけば?いつでも出せるし………どうせ、使いこなせないだろうし……」
ジャン「フフフー♪今日は、このナイフがあるんです!」
アラネ「…そんなものじゃ、切れないから…」
ジャン「またまたぁ〜!そうやって、諦めさせようとしてるんですね?」
アラネ「…信じる、信じないはどっちでもいいけど…どうせ、アンタごと絡まって終わりよ。…いいかげんに、そのパターンも飽きたわ…」
ジャン「うっ…た、確かに…僕が絡まっている姿が、簡単に想像できる…」
アラネ「……諦めなさい。」
ジャン「な、なんてことだ…あの糸さえあれば…自由が…拘束という名の自由が!!…最後に、一つ教えてほしいんです…」
アラネ「…何?」
ジャン「…な、なんで、アラネちゃんには糸がつかないんですが?」
アラネ「…私の体から、眼に見えないほどの小さな鱗粉が出ているから。」
ジャン「…鱗粉?蝶や蛾についている?」
アラネ「…それ以外、ないでしょう?」
ジャン「なるほど…わかりました。大人しくしてます……」
アラネ「…少しは、まともな考えが出来るようになったみたいね。」

<四回目>
ジャン「フフフ…ここで待ち伏せして…通り過ぎたところを、後ろから一気に…鱗粉が手に入りさえすれば、もう怖くないぞ!あの糸も手に入れて…むふふ…♪お!来た来た…」
アラネ「……」
ジャン「(もう少し…もう少し…………今だ!)」
アラネ「!!!何をするつもり!?」
ジャン「ちょーっと鱗粉を分けて下さいねぇ〜!」
アラネ「きゃっ!ど、どこを触ってるのよ!?」
ジャン「(あれ?いつもと反応が違う………あ!もしかして…!)ん?アラネちゃんって、もしかして…くすぐられるの…弱いんですか?」
アラネ「べ、別にそんなことは……くだらないことを言ってないで、早くどいてっ!」
ジャン「ふ〜ん…?それじゃあ……コーチョコチョ♪コチョコチョコチョコチョコチョ…」
アラネ「い、いやぁ!ちょ…やめ…あんっ…や、止めなさいよ!そ、それ以上やったら…」
ジャン「…それ以上やったら?ほら!コチョコチョコチョ!コチョコチョコチョコチョコチョ…!」
アラネ「だ、だから…ダメ〜!で、出ちゃう〜!!!アァァ!」
ジャン「うわ!な、なんだこれ?………い、糸?」
アラネ「…だ、だから言ったのに……ハァハァハァ…」
ジャン「くっ…体に…絡みつく……アラネちゃんの鱗粉が、僕の体に付いているはずなのに…!」
アラネ「…無駄よ………」
ジャン「そ、そんな!なんで?」
アラネ「…見てわからないの?私にも、絡みついてるからじゃない…」
ジャン「あ…」
アラネ「……無理やり糸を出したせいで…私の鱗粉に、反応してくれてないみたいね…」
ジャン「じゃ、じゃあどうすれば?」
アラネ「…じっとして……助けを待つしかないわね…」
ジャン「と、ということは…このまま、二人っきりの可能性も?」
アラネ「…全部アンタのせいだからね……」
ジャン「おお!神よ!災い転じて大ラッキーとは、まさにこのことです!」
アラネ「…はぁ…だからバカは嫌いなのよ……」

<五回目>
ジャン「う〜ん…なんであんなに、アラネちゃんに嫌われているんだろう?僕の心は、いつでも誰にでもオープンなのになぁ〜?…早く、仲良くなりたいんだよなぁ……ん?そうか!仲良くなればいいんだ!よく考えたら、最初から好かれてなかったし……そりゃあ、仲良くなんかなれないよ…なるほどなぁ!待っててね!アラネちゃん!」
ジャン「…で、好きな食べ物はなんですか?」
アラネ「…………」
ジャン「好きな花はあります?」
アラネ「…………」
ジャン「好きな言葉は?」
アラネ「…何なの?」
ジャン「好きな言葉は…何なの、と…」
アラネ「…違うけど、それでいいわよ。」
ジャン「…とりあえず、もっと仲良くなろうと思ったんです!そのためにも、お互いを良く知らないと!」
アラネ「…アンタのこと、まったく知りたくない。」
ジャン「僕はアラネちゃんのこと…もっと知りたいです!」
アラネ「………勝手にすれば…?」
ジャン「はい!ありがとうございます!!」
アラネ「……ウザい…」

<六回目>
ジャン「よーっし!今日もがんばるぞ〜!さーて…アラネちゃんは、どっこかなぁ〜?」
ジャン「アラネちゃんは、どっこかなぁ〜?おーい!アラネちゃん!?」
アラネ「…あまり、大きな声で呼ばないで…」
ジャン「あ、アラネちゃん!こんなところに!?」
アラネ「……別に…私がどこにいようと、かまわないでしょ?」
ジャン「…そ、そりゃあ、そうですけど…」
アラネ「…だったら、私に付きまとわないで。」
ジャン「そ、それは出来ませんよ!」
アラネ「…は?なんで?」
ジャン「だって僕…アラネちゃんと仲良くなるって、決めてしまいましたから!」
アラネ「………そんなの、そっちが勝手に…」
ジャン「そうです!!だから、最後まで勝手にやるんですよ!」
アラネ「………アンタって…いつもそんななの?」
ジャン「はい!いつでも、誰にでもこんなですよ!」
アラネ「……フッ…………ただのバカじゃ…ないのかもね……」
ジャン「…はい?何か言いました?」
アラネ「…アンタは、大バカって言ったの…」
ジャン「そんなぁ〜!ひどいですよ!」
アラネ「…じゃあ、一つだけ質問に答えてあげるよ。」
ジャン「え?ひ、一つだけっ?な、何にしよっかなぁ…う〜ん…悩むなぁ……えーっと、それじゃあ…今までで、一番の幸せな出来事は?」
アラネ「…そんなの簡単よ。…たぶん、アンタと一緒よ。」
ジャン「え?そ、それって……答えになってないですよぉ〜!ズルイですよ!待ってくださ〜い!」

<七回目>
ジャン「あれから、アラネちゃん…変わったよなぁ〜♪結構、話してくれるようになったし……まぁ、相変わらず…毒は、はきまくるんだけどね…」
アラネ「…誰が?」
ジャン「うわっ!ビ、ビックリした!」
アラネ「…誰が、毒をはきまくるって?」
ジャン「い、いや!それは…」
アラネ「…どうせ、私の悪口でも言っていたんでしょう……?」
ジャン「(ス、スルドイ…)」
アラネ「…別に、アンタに褒められても、嬉しくないからいいんだけど…」
ジャン「そ、そういえば…こ、この前の質問!ちゃんと答えて下さいよ!」
アラネ「…この前の質問?…あれは、もう答えたじゃない……」
ジャン「あれは、答えたって言いませんよぉ〜!」
アラネ「……そんなの知らない…」
ジャン「ちょ、ちょっと〜!待って下さいよ〜!」
アラネ「…あっち、行ってよ……」
ジャン「…ずる。」
アラネ「……この前の質問の答え…教えてあげようか?」
ジャン「え?ほ、ほんとですか!?」
アラネ「………耳、貸して……」
ジャン「は、はい!へ……?おっとっとっとっと〜!あ〜!!」
アラネ「…フフフ。」
ジャン「ちょっと!これ、どういうことですか!?い、糸が〜!!」
アラネ「…久しぶりに、見たくなったの。その格好が…」
ジャン「そ、そんな!見たかったっべぼば!ふぐ!ふごご!むぎ!」
アラネ「…アンタって、期待を裏切らないわね…」
ジャン「がっげご、びじばどじばばべだ!べびぼぼ!ばふ!ぶはっ!け、結局、一番幸せな…で…出来事って…なんですか?」
アラネ「………みんなと出会えて…一緒に旅が出来てることだよ……」
ジャン「!!!ほ、ほんとに、いっじょばびでび!ふも!ふももももも!ふもも!」
アラネ「…アンタって本当にバカね。」


[スポンサードリンク]


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-08-26 (金) 04:25:00 (3353d)