<一回目>
ジャン 「う〜ん…なるほど…フムフム…そういうことか…コレを使えば…むふふ」
キュート「ジャン?何読んでるの?」
ジャン 「あ!お嬢様!こ、これは…」
キュート「ちょっと、何隠してるのっ!?貸して!!」
ジャン 「あ〜!」
キュート「催眠術?ジャン…これで、またエッチなことしようとか考えてたんでしょ?」
ジャン 「と、とんでもございません!!これは…その…戦いの役に立つかとな、と思いまして…」
キュート「ふ〜ん…ほんとかなぁ…?ところで、これ本当に効くの?」
ジャン 「もちろんです!お嬢様に試してみましょうか?」
キュートで、でももし、本当に催眠術にかかったら…私、ものすごく危険な気がする…」
ジャン 「だ、大丈夫ですよ!僕が責任を持って、お嬢様をお守りしますから!」
キュート「ホント?…そっかぁ…ならいいかな…」
ジャン 「(よし!このままいけば、お嬢様は、僕の言いなりに…そしたら、あんなことやこんなことを…むふふ)」
キュート「ジャン…よだれ、出てるよ…」
ジャン 「へ?あ、はい!」
キュート「な〜んか、やっぱり怪しいなぁ?」
ジャン 「そ、そんなことありませんよ!何が怪しいんですか!大丈夫ですって!!」
キュート「う〜ん…じゃあ、一回だけだよ?」
ジャン 「ほ、ほんとですか!?ヨシ!!!」
キュート「ヨシ?まぁ、どうせ私かからないし」
ジャン 「フフフ…それじゃあ、いきますよ?」
キュート「何焦ってるのよ、ジャン!今じゃないよ?今度だよ!」
ジャン 「へ?それはどういう?」
キュート「私、今日は疲れてるし…いつか元気なときにね」
ジャン 「い、いつかっていつですか?」
キュート「いつかはいつか!それじゃあね〜!」
ジャン 「そんなぁ!!」


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS