<一回目>
トモエ「(よしっ!誰にも気づかれていませんわ!)」
ジャン「…アレ?あそこにいるのは……トモエさんだ!お〜い、トモエさっ………ん?なんか様子がおかしいなぁ…(挙動不審だし…あの、手に持ってるのは何だろう?そうだ!このまま後を付けて、ビックリさせて…驚いたトモエさんを拝ませてもらおーっと…むふ。そうと決まれば、慎重に尾行しないとな…なんたって、トモエさんは武者巫女なんだから…)」
トモエ「(フフフ…待ってて下さいね♪)」
ジャン「(よーっし!尾行開始!)」
トモエ「…………♪」
ジャン「(いったいどこへ行くんだろう?なんだか嬉しそうだな…)」
トモエ「…………」
ジャン「(うーん…どこまで行くんだ?やっぱり、あの荷物が関係あるのか…?ん?まさかっ!トモエさんには、特定のお付き合いしている人がいて…その人と密会するのでわ…?だから、あんなに嬉しそうなのか…!どこのどいつだ!?トモエさんを一人占めしようとしてる奴は!トモエさんは、皆のものだぞ!顔を確かめるまでは帰らないからな!)」
トモエ「…………♪」
ジャン「ハァ…ハァ…ハァ……ど、どこまで歩くんだ……?もう、僕…歩けません……」
トモエ「この辺ならいいですわねっ!」
ジャン 「(!!!つ、ついに!?誰だ!?どこにいるんだ!?)」
トモエ「さぁ、出てきてください!ケーキさん!!」
ジャン「(ん?…ケーキ?へ?あ!トモエさんの荷物から…)」
トモエ「ん〜おいしそう!いただきまーっす♪」
ジャン「…………」
トモエ「……一人で食べるのは、やはり…少し、みなさんに悪い気が……でも……」
ジャン「ホントにおいしそうにたべるなぁ…)」
トモエ「ん〜!おいしいっ♪」
ジャン「(幸せをジャマしちゃ悪いな…!ここはおとなしく戻るか…)」

<二回目>
トモエ「ヤァ! ヤァ! でぇぇい!!!」
ジャン「おお! さすがトモエさん!」
トモエ「あら、ジャンさん。いらしてたんですか?」
ジャン「トモエさんの声が聞こえたんで、見にきたんです。」
トモエ「そんな…見ててもつまらないですよ?」
ジャン「そんなことないですよ! 勉強になります!」
トモエ「そ、そうですか?
    ……恥ずかしいですわ…」
ジャン「ささ!僕のことなんか気にせず、
    修行を続けて下さい!」
トモエ「は、はぁ…わかりました。
    でも…あんまりジロジロ見ないで下さいね?」
ジャン「はい! 普段通り
ジャン「はい! 普段通りやって下さい!」
トモエ「き、緊張します…
    では…! ヤァ! トォ!!」
ジャン「(むふふ…いいなぁトモエさんは…
    お嬢様と違って…
    おお!! ゆ、揺れてる〜!!!)」
トモエ「(なんか、やりづらいです…)」
ジャン「(むふふ…あの、巫女の服でもわかるボディ…
    きっと凄いんだろうなぁ…)」
トモエ「……ん?」
ジャン「(あ〜! トモエさ〜ん!)」
トモエ「ちょ、…ジャンさん!?
    どこ見てるんですか!?」
ジャン「むふふ…むふふふふ…」
トモエ「ぜ、全然聞いてない…
    もう知りません!!! 破廉恥な人は嫌いです!」
ジャン「トモエさ〜ん…ん? アレ?
    トモエさん、どこ行ったんだ?」

<三回目>
ジャン「イイコト聞いたぞ〜!
    トモエさんがあっちで着替え中だって!
    …むふふ♪」
ジャン「何かあったら危険だから、
    僕が監視しとかないとなぁ…!
    むふふふふ…♪」
ジャン「待ってて下さいね〜!
    トッモエさ〜ん!」
ジャン(あ!! トモエさんだ! い、今まさに服を…)
ジャン(…アレ? 服を…着てる?)
トモエ「ふう……」
ジャン(し、しまった〜! 遅かったか〜!
    せっかく、トモエさんの裸が見られると
    思ったのに…)
トモエ「……やっぱり………」
ジャン(ん? …やっぱり? どういう意味なんだ?)
トモエ「はぁ…どうしましょう………」
ジャン(何か悩んでいるのかな?)
ジャン(う〜ん…はっ!!!
    こ、これはチャンスじゃないのか!)
ジャン(悩んでいるトモエさんに優しく声をかけ、
    さりげなく相談に乗り…
    二人だけの秘密の関係に…むふふ!)
トモエ「!! そこにいるのは誰ですか?」
ジャン「あ、トモエさんじゃないですか?
    どうしたんですか?」
トモエ「ジャンさんでしたか…
    わたくしは、先ほどまで着替えを…」
ジャン「そうなんですか…
    ところでトモエさん?」
トモエ「はい。なんでしょうか?」
ジャン「なんか、元気がないようですが…?
    どうかしましたか?」
トモエ「え! そ、そんなことないですよ!
    い、いつも通りですわ!」
ジャン「いいえ! 僕にはわかります!
    悩み事があるなら言って下さい!
    これでも僕、男ですから!」
ジャン(決まった〜!
    これでトモエさんは…むふふ♪)
トモエ「大丈夫って言ってるじゃないですか!
    わたくしに話しかけないで下さい!!」
ジャン「へ? ト、トモエさん?」
ジャン「そ、そんなぁ〜…僕、まだ何もしてないのに…」
ジャン「あ…覗こうとしてたの、バレてたのかな……?」


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS