暫定的に"ハーピー"のデフォルト名"ピュイア"で載せる事にします。

<一回目>
ジャン 「…あっ…!」
ピュイア「………」
ジャン 「(あれは確か、この間仲間に入った…
     モ、モンスター…の人……
     な、なんか、ちょっと怖いなぁ…)」
ジャン  「……あっ…!」
ピュイア 「…………」
ジャン  (あれは確か、この間仲間に入った…
       モ、モンスター…の人……
       な、なんか、ちょっと怖いなぁ…)
ピュイア 「……?
       ん、なんだいお前さんは?」
ジャン  「す、すみません! あっち行きますっ…!」
ピュイア 「…おい!」
ジャン  「…ひっ! な、何でしょうか!?」
ピュイア 「…お前さん、なんて名前だい?」
ジャン  「……ジャンです。」
ピュイア 「……? ああ、あの小娘の腰巾着か。」
ジャン  「こし…ぎんちゃく?
       ムッ…!」
ピュイア 「ははっ、怒ったかい?
       あはははっ!」
ジャン  (思ったより…怖い人じゃない感じだけど…)
ピュイア 「…ん?
       文句でもあるのかい?」
ジャン  「い、いえ…別に……」
ジャン  (でも…感じ悪いなぁ…!)
ジャン  「……僕、もう寝ます。」
ピュイア 「待ちな!」
ジャン  「…まだ何か?」
ピュイア 「アタイに逢えたんだよ?」
ジャン  (……?
       何が言いたいんだ、この人は?)
ピュイア 「何だい? この子は…?
       嬉しくないのかい?」
ジャン  「…もう寝ます。」
ピュイア 「……やれやれ…」
----
<二回目>
ピュイア 「……あれっ?」
ジャン  「…あ………」
ピュイア 「……なんだい?
       その、また逢っちゃった…って顔は……?」
ジャン  「い、いえ…別に…」
      (まあ…正直言うと、その通りなんだけど…)
ピュイア 「せっかくの良い夜が台無しだ、
       …って顔してるぞ?」
ジャン  「えっ、えええっ!?」
ピュイア 「…図星かい? ははははっ!」
ジャン  (そ、そんな顔してたんだ…
       僕って…結構、嫌なヤツなのか?)
ピュイア 「まあ、これでも仲間だ…よろしく頼むよ。」
ジャン  「……仲間………」
ピュイア 「…違うのかい?」
ジャン  「そ、そうですね……」
      (そ、そうだよな…確かに。
       そりゃ、以前はいろいろあったけど……
       今は、仲間なんだよな…)
ピュイア 「まあ、あんたらが警戒するのも解るさ。
       ヨソの世界のヤツだからな…」
ジャン  「い、いえ! その、あの……」
ピュイア 「でもな…せめて名前を呼び合って、
       挨拶くらいは、させてもらいたいもんだな…」
ジャン  「あ……ええと…」
ピュイア 「まあ、お邪魔みたいだし…
       アタイはこれで失礼するか……お休み!」
ジャン  「……あ……その……」
      (うわ……!
       僕、すっごく失礼なことしちゃってた…!
       今度会ったら、謝らなきゃ…)
----
<三回目>
ジャン 「こんばんは。」
ピュイア「…ん? ああ、こんばんは。
     珍しいな、お前さんから声をかけるなんて…」
ジャン 「いえ、あの…ピュイア…さん…」
ピュイア「……? なんかようかい?」
ジャン 「あ、あの…こ、この前は…
     すみませんでした…!」
ピュイア「……?
     ん、なんだいお前さんは?」
ジャン 「す、すみません! あっち行きますっ…!」
ピュイア「…おい!」
ジャン 「…ひっ! な、何でしょうか!?」
ピュイア「…お前さん、なんて名前だい?」
ジャン 「……ジャンです。」
ピュイア「……? ああ、あの小娘の腰巾着か。」
ジャン 「こし…ぎんちゃく?
     ムッ…!」
ピュイア「ははっ、怒ったかい?
     あはははっ!」
ジャン 「(思ったより…怖い人じゃない感じだけど…)」
ピュイア「…ん?
     文句でもあるのかい?」
ジャン 「い、いえ…別に……」
ジャン 「(でも…感じ悪いなぁ…!)」
ジャン 「……僕、 もう寝ます。」
ピュイア「待ちな!」
ジャン 「…まだ何か?」
ピュイア「アタイに逢えたんだよ?」
ジャン 「(……?
     何が言いたいんだ、 この人は?)」
ピュイア「何だい? この子は…?
     嬉しくないのかい?」
ジャン 「…もう寝ます。」
ピュイア「……やれやれ…」
     あははっ、どうしたってんだい?
     いつにも増して、しおらしいな。」
ジャン 「……挨拶もしなくて…名前も呼ばなくて……
     なんか、色々とごめんなさい…」
ピュイア「…まあ、さすがにムッとはきたけどさ…」
ジャン 「……う…」
ピュイア「一晩寝たら忘れるよ! 嫌な事なんかさ!」
ジャン 「そ、そうなんですか?」
ピュイア「ああ、そうさ……だから、そんなに気にすんなよ!」
ジャン 「は、はい…ありがとうございます!」
ピュイア「そんな、敬語とか使うなって。」
ジャン 「まあ…これは、クセみたいなもんで…」
ピュイア「…そうか。まあ、クセならしょうがないね。
     気を遣い出すと、お互い大変だしな!」
ジャン 「そ、そうですね!
     ……ええと、ピュイアさんって…」
ピュイア「ん?」
ジャン 「……良い人なんですね…!」
ピュイア「……
     ……っく!
     あーっははははっ! いひひひひっ!」
ジャン 「ど、どうしたんですかっ!?」
ピュイア「くくっ……いや、
     いや……そのさ……
     ははは……! 楽しくて……な!」
ジャン 「……?」
ピュイア「じゃあな、外は冷えるぞ。
     そろそろ寝な!」
ジャン 「は、はい……」

<四回目>
ジャン 「こんばんは、ピュイアさん。」
ピュイア「よう、良い夜だな。」
ジャン 「あの、聞いても良いですか?」
ピュイア「…話によるよ。」
ジャン 「…ええと……
     ピュイアさんたちがいた世界の事を…」
ピュイア「…………」
ジャン 「ピュイア…さん?
     あの…どうか…しました?」
ピュイア「……もう、忘れたね!」
ジャン 「……え?」
ピュイア「前の世界のことなんか、忘れちまったっての!」
ジャン 「……でもほら、僕も知りたいんですよ。
     あちらの世界が、どんなのかとか…
     仲間になれたんなら、
     お互いの事をもっと知りたい…
     そう、思いませんか?」
ピュイア「それは、昔のアタイの仲間の情報を残らず吐け。
     …という事か?」
ジャン 「…えっ!?
     …あっ、いえっ、違いますっ!
     ごめんなさい、そんなつもりじゃっ…」
ピュイア「アタイだって、自分の身は可愛いさ…
     今ここにいる以上、それなりの情報は話すつもりさ。
     だが、それ以上の突っ込んだ事を話すのは嫌だね。
     良い想い出ばかり、という訳でも無いし…」
ジャン 「ご、ごめんなさいっ!
     本当にそんなつもりは…」
ピュイア「…まあいいさ……言ったろう?
     嫌な事は、一晩寝たら忘れるって……」
ジャン 「僕は…ただ……
     もうすこし、知り合えたらと思って…
     ……でも、無神経でした…」
ピュイア「…ま、いいさ……
     今夜寝たら、またそれも忘れるし。」
ジャン 「は…はい…」
ピュイア「じゃな、お休み。」

<五回目>
ピュイア「ようジャン、元気かい?」
ジャン 「こんばんは、ピュイアさん。」
ピュイア「お前さんも、飽きずにここに来るなぁ!」
ジャン 「そうですね、どうしてでしょうか?
     あはは!」
ピュイア「…まあ、アタイも同類って事だが…」
ジャン 「…他に、僕以外と話す人とかは
     誰がいるんですか?」
ピュイア「……特になぁ…
     誰とも、必要な話ならするけどな。」
     ……ははは…」
ジャン 「そうですか…
     (顔は笑ってるんだけど…)」
ピュイア「そういやお前…
     最初の頃は、アタイの事…相当ビビってただろ?」
ジャン 「あっ…いえ、その…あはは、まあね。」
ピュイア「ろくに挨拶も出来ない、
     チキンなヤツだと思ってたが…」
ジャン 「あは、あはは……
     …一晩寝て、忘れて下さいっ!」
ピュイア「ははははっ!
     面白いヤツだな、お前さんは!
     ……楽しいよ!」
ジャン 「(楽しい…のかな…?)
     ……あ、あの…ピュイアさんは……」
ピュイア「今夜は楽しかったよ。
     また逢えるといいな!」
ジャン 「え? あ、は、はい…」

<六回目>
ジャン 「良い夜ですね、ピュイアさん。」
ピュイア「よう、ジャン。」
ジャン 「ピュイアさん…
     今度、お嬢様とも一緒に、
     三人でお話しませんか?」
ピュイア「……何だ、唐突だな…」
ジャン 「ピュイアさんは…
     …その、ごめんなさい……
     失礼だとは思うんですが…」
ピュイア「ん……?」
ジャン 「…寂しいんじゃないですか?」
ピュイア「…………
     そりゃ、随分と失礼な話だな。」
ジャン 「す、すみません…
     でも…僕以外の人とも
     色々話してみると、楽しいですよ?」
ピュイア「アタイに、お友達をあてがってくれる…と?」
ジャン 「(……以前の僕なら、
     ここで腹を立ててたけど…)
     僕も相当、無神経で失礼だとは思うけど…
     ピュイアさんも、相当ガンコで…
     自分の前に、壁を作ってる気がしますよ?」
ピュイア「っ……!
     ……そうだな…かもしれないね……
     …だが、それはお前さんが
     気にする事じゃないよ…!
     嫌がるヤツを、無理矢理ここに連れてこられても…
     相手が迷惑だろうが!」
ジャン 「い、いえ…その…」
ピュイア「それに、アタイも不愉快だ!
     よって、この話はここでおしまい!」
ジャン 「は、はぁ…」
ピュイア「さて、寝るとするか! お休み!!」

<七回目>
ジャン「こんばんは、ピュイアさん。」
ピュイア「よう、ジャン。」
ジャン「ピュイアさん、こないだの話なんですが・・・」
ピュイア「ん・・・?あぁ、あれはアタイも悪かったな・・・
     あはは、忘れてくれ!」
ジャン「いえ・・・その・・・お嬢様が、ピュイアさんと
    どうしてもお話ししたいって・・・」
ピュイア「・・・はあ?何だそれ?
     ・・・今度は何を吹き込んだい?
     ・・・せっかく忘れかけてたのに・・・
     お前さんの方から、蒸し返すつもりかい!?」
ジャン「いえ、違うんです・・・!
    ・・・話を、聞いてください。」
ピュイア「・・・まあ、いいだろう。
     お前さんの頼みなら・・・な。」
ジャン「実は・・・僕とピュイアさんとが、初めてお話した夜の事を話したら・・・
    お嬢様、大笑いしちゃって・・・
    ・・・で。今度絶対に紹介してくれって、
    ・・・言われちゃって・・・」
ピュイア「・・・そうなのか?」
ジャン「はい!」
ピュイア「・・・それだけかい?
     他に、お前が何か吹き込んだとか・・・」
ジャン「いえ、それだけです!
    ・・・えぇ!本当に、そんな事でした!」
ピュイア「・・・意外と・・・
     ・・・意外と簡単だったんだね・・・
     もっと・・・もっと辛くて、苦しくて・・・
     大変な事かと思ってたよ・・・」
ジャン「・・・え?」
ピュイア「・・・いや、何でもない・・・!
     いいさ、いつでも都合を付けるよ!」
ジャン「わあい!ありがとうございます!」
ピュイア「・・・でもまあ、
     今夜のところはお前さんに、話し相手をしてもらおうかな?」
ジャン「はい!よろこんで!」
ピュイア「よーし!それじゃあ、今日は話しまくるぞ!
     朝までしゃべり続けるからな!?
     覚悟しておけ!!」


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS