照竜鬼

暫定的に“照竜鬼”のデフォルト名“ティノ”で載せることにします。

第一回

ジャン:
あれ? 先客がいたのか。
こんな場所に珍しいな…

ティノ:
…あぅぅ…な、何ですかぁ…
私に何か用なんですかぁ…

ジャン:
そんなに怯えないで下さいよ。
僕はここでのんびりしようと
思っただけですから。

ティノ:
そ、そうですかぁ…
変な誤解してすいませんですぅ…

ジャン:
いえいえ、誤らないで下さいよ。
お互いに何か嫌なことをしたわけでもないですし。

ティノ:
はい…わかりましたですぅ…

ジャン:
けど、こんなところで会うなんて、
ずいぶん奇遇ですね?

ティノ:
まだ新参者なので、
あんまり打ち解けられなくって…

ジャン:
それでここでひとりになって
休んでいたんですね?

ティノ:
はいですぅ…

ジャン:
でも、ちょっともったいないですね。

みんなも、ティノさんに
何かしらの興味は
持ってると思うんですけど。

きょ、興味…ですか?

そんな…私には取り立てて、
みなさんの気をひけるようなもの、
もっていないですぅ…

ジャン:
そうかな〜? 例えば、武器とかは?
みんな色んな武器を持って
戦ってますよね?

ティノ:
…武器、ですか?

ジャン:
だからみんな、
ティノさんの武器にも、
興味津々だと思いますよ?

ティノ:
…うちの家系で、
先祖代々で受け継いでいる…
このティラノハンマーに…?

ジャン:
そうそう。
僕も少し気になってたんですよ。
これってちょっと触ってもいいですか?

ティノ:
あっ…はいですぅ…

ジャン:
うわっ! 何来れ!? すごい重い!

こんなに重かったら、
僕ひとりじゃ持ち上げることも
できないなぁ…

ティノ:
えっ…そうなんですか…?

うちの家じゃ。
私が一番非力ですけど…

…それでも、普通に持てますし、
簡単に振り回せる重さだと
思いますですぅ‥

ジャン:
あぶなっ!? ティノさん、
いきなり振り回したら危ないですよ!?
当たりそうになるから!

ティノ:
…あっ…ごめんなさいですぅ…

ジャン:
それにしてもティノさん、
他の人とは違って、
ものすごいバカ力だったんですね…

僕、そんなこと全然知らなかった…

ティノ:
あぅぅ…本当にごめんなさいですぅ…

ジャン:
いいんですよ、気にしてないです。
ただ、武器を振り回すときは
気をつけてもらえれば。

(…とは言え、ヘタに怒らせて、
殴られないように
気をつけなきゃいけないかな…)

第二回

ティノ:
…あっ…ジャンさん…
こ、こんばんは…

ジャン:
あ、はい。こんばんは。
ティノさん、
こんなところでどうしたんですか?

ティノ:
…実は晩ご飯の後、
みなさんの雑談の話に交じるの…
失敗しちゃったんですぅ…

ジャン:
…あはは…そ、そうなんですか…
次はうまくいくといいですね…

ティノ:
…はいですぅ…

ジャン:
(…なんだか尻尾まで、
本人と一緒にシュンとしちゃってるよ…
可愛いなぁ…)

…ねえ、ティノさん?
ちょっと気になったんですけど…

このシッポって、
ティノさんの気持ちに
合わせて動いたりするんですか?

…あっ、はい。体の一部ですから…
自分の意思でも、動かせますけど…

ジャン:
へえ〜、そうなんですか…
少し触ってみてもいいですか?

ティノ:
…えっ…あの…その…
それってどういう意味ですか?

ジャン:
みんなと仲よくするきっかけに、
この尻尾が使えるかと思って。

ほら、犬とか猫の尻尾って、
可愛かったりするし、
つい触ってみたくなるでしょ?

それと同じ感じ、
って言えばわかってもらえます?

ティノ:
…そ、そういうことなら、
触ってもいいですけど…
ゴツゴツしてるだけですよ…?

…ひゃう…

ジャン:
…あっ、ホントに少し
ゴツゴツした感じですね?
皮膚が固いってことですか?

ティノ:
…あうっ…
わ、私、恐竜族なんですぅ…

ジャン:
へぇ〜。恐竜族の方って、
みんなこうなんですか?

ティノ:
…はぁぅ…んっ…そう…
んふぅ…なんですぅ…

ジャン:
…でも、こうやって触ってると…
結構病みつきになる…
触り心地かもしれない…

ティノ:
…はぁぅ…ジャン…さん…
もう…そろそろ…

ジャン:
…はぁはぁ…ごめんなさい、
ティノさん…もう少しだけ…

…はぁはぁ…
もうちょっとだけでいいから…
はぁ…はぁ…触らせてください…?

ティノ:
…はぁ…はぁ…んんぅ…
は、はいですぅ…ふぁあっ…

…あっ…・ふぁっ…んふぁ…
な、なんか…すごく気持ち良いかも…
ですぅ…

ジャン:
…はぁはぁ…そ、そうなの…?
それじゃあ、もっと触ってた方が
いいの?

ティノ:
…ふぁっ…は、はいですぅ…
こうやって触られるの…
んふぅぁっ…た、たまらないですぅ…

…やっ、あっ…はあぁっ…
も、もう…らめですぅ〜〜っ!!

…ふにゃ〜…ふへへぇっ…
体に力が…入らないですぅ〜…♪

ジャン:
…あっ…ごめんなさい、
ティノさん…
僕、調子に乗っちゃってたみたいで…

ティノ:
…いいんですぅ…尻尾を触られて、
すごく気持ちよかったですからぁ〜…

第三回

ティノ:
……しゅん…

ジャン:
ど、どうしたんですか?
なんだかすごく元気が
ないようにみえますよ?

ティノ:
…みなさんと打ち解けるために、
どうすればいいか、
わからないんですぅ…

ジャン:
どうすればって…
普通に話せばいいんじゃ?
僕とこうして話してるみたいに。

ティノ:
そ、その…自分から
うまく挨拶できなくって…

ジャン:
…そこからだったんだ…

ティノ:
…ですぅ…

ジャン:
それじゃぁ…呼び方とかを
あらかじめ決めておけば
いいんじゃないですか?

親とか兄弟とかであれば、
呼びやすかったりするでしょ?

ティノ:
…はいですぅ…ジャンさんなら…
『お兄ちゃん』でいいですぅ?

ジャン:
…お、『お兄ちゃん』…
ちょっといいかも…

ティノ:
…お、お兄ちゃん…ですぅ?

ジャン:
…も、もう1回言ってみてくれます?
今度はできるだけ嬉しそうに!

ティノ:
お、お兄ちゃん♪
…おに〜いちゃん♪

ジャン:
…いいですよ、ティノさん!
素晴らしいですよ!!

僕、妹が欲しくなってきました!
きっとみんなもこれで
イチコロですよ、絶対!

ティノ:
そうだと嬉しいですぅ…お兄ちゃん♪

ジャン:
…いい…実に素晴らしいよ…
ティノさ…いや、
ティノちゃん…

ジャン:
…僕のこと、もっとその呼び方で
呼んでくれる?

ティノ:
…お、お兄ちゃん…って、
いつまでこれで
呼んでればいいですぅ?

第四回

ティノ:
……はぁ…

ジャン:
ずいぶん大きな溜息ですね?
ティノさん、何かあったんですか?

ティノ:
あっ…お兄ちゃん…

ジャン:
うひ!

ティノ:
ど、どうしたんですぅ?

ジャン:
い、いえ、まだそう呼んでくれるとは
思ってなかったもので…

ティノ:
だ、ダメ…ですぅ? 私もなんだか、
この呼び方…話しかけやすくて
気に入っていたんですけど…

ジャン:
ダメなんて! そんなことあるわけない!
呼んで! 呼んで! 呼びまくって!
お兄ちゃんと! そう、お兄ちゃんと!

ティノ:
わ、わかったですぅ…お兄ちゃん。

ジャン:
ムッホ! そ、それで?
ティノちゃんはお兄ちゃんに
何か相談したかったのかな?

ティノ:
はいです…その…実は…

…私、自分ではっきり
分かってるんですけど。
どうにも気が弱いみたいで…

そのせいか、他の恐竜族…
それも草食系の子にも
いじめられたりすることがあって…

だから私、それを
どうにかしたいんですぅ…

ジャン:
そっか。
それがティノちゃんの
コンプレックスなんだね?

ティノ:
…はい…そうなんですぅ…

ジャン:
僕も優柔不断なところを
直せたら、どれだけいいか…

……はぁ…
今までの失敗の数々を思い出したら、
悲しくなってきた…

ティノ:
…お、お兄ちゃんにも
コンプレックス、あるんですか?

ジャン:
うん…いろいろと…
大事な時に自分で判断するのが
遅かったり、グズグズしちゃって…

あといい歳して、
ピーマンも食べられないし…はぁ…

ティノ:
私のとは違いますけど、
お兄ちゃんも大変なんですね…

ジャン:
…あはは…お互いに、
なんとか克服できるように
頑張ろうね…

ティノ:
…で、ですぅ…

第五回

ジャン:
…ここに来てるってことは、
やっぱり…?

ティノ:
…はいですぅ…
またうまくいきませんでした…

ジャン:
ま、まだまだこれからだよ…
みんなと仲良くする機会は
明日もあるからね…

ティノ:
…ううっ…お兄ちゃん。
わ、私、が、がんばるですぅ…

ジャン:
(ああ…いつ呼ばれてもいいなぁ…
『お兄ちゃん』って…
いやいや、浸ってる場合じゃないか)

うまく解け込むためのきっかけが、
何かあればいいと思うんだけど…

ティノちゃん?
特技とか持っているものとかで、
興味をひけそうなものってない?

ティノ:
…コ、コンプレックスなら、
あるですぅ…

ジャン:
…またコンプレックス?
前に聞いたこと以外に?

ティノ:
は、はい…

ジャン:
…いちおう、教えてくれる?

ティノ:
…私、おでこが広くて、
変にツヤツヤしてるんですぅ…

ジャン:
うわっ! 光った!?
夜でもこんなにピカピカ光ってたら、
鏡いらなそうだよ!?

ティノ:
そ、そこまで光ってないですぅ!
日差しを反射させて、
少し目くらましができるくらいですぅ!

それに…自分で見れなかったら、
意味ないですぅ…!

ジャン:
ごめん…
つい驚いて、変なこと口走っちゃった…

でも、今みたいなやり取り、
結構使えるんじゃないかな?

ティノ:
…今みたいのですか?
思わず言い返しちゃっただけですけど…

ジャン:
そう。コンプレックスを
刺激されたったときには、
とっさにツッコんでみるんだよ。

うまくいけば、面白い子だな、
って思ってもらえて、
話も弾むかもしれないし。

ティノ:
ほ、本当ですか?
それなら私、頑張ってみるですぅ…

…それでその…練習を
手伝ってもらっても、いいですか?

ジャン:
お安い御用だよ。だって僕は…
ティノちゃんの
お兄ちゃんなんだから!

ティノ:
ありがとうございますですぅ‥
私、やる気が出てきましたですぅ…!

第六回

ティノ:
あ、お兄ちゃん。待ってたですぅ。

ジャン:
あれっ?
僕、ティノちゃんと
何か約束でもしてたっけ?

ティノ:
…あの、私が自分の弱気なところを
直して、みなさんと打ち解けるために
協力してくれるって…

ジャン:
(…そ、そうだった!
僕としたことが、すっかり忘れてた!)

…そう言えばそうだった。
えっと、確かコンプレックスで
ツッコミを入れるとかどうとか…

ティノ:
はい、そうですぅ…

ジャン:
じゃあ、ティノちゃん?
始める前に確認したいんだけど…

僕はティノちゃんの
どういう部分について
話してみればいいの?

ティノ:
そ、そうですね…
それじゃあ、私の『気が弱い』ことに
関して、何か言ってもらえれば…

ジャン:
う〜ん。
それなら、こういうのはどう?

ティノさんって〜、
気が弱い割には〜、
おでこのテカリだけは強くな〜い?

ティノ:
テカってるのは毎日ツヤ出しのオイルを
塗ってるからですぅ…!
このゆーじゅーふだん男!

ジャン:
…うっ…僕、今のはちょっと、
ゾクってしたかも…

ティノ:
…わ、私も…少し…
ゾクゾクしてきたかもですぅ…

ジャン:
…じゃ、じゃあ…他にも何か、
言ってみる…?

(な、なんなんだろう。
今、なぜかゾクっとして、
ちょっと気持ちよかった…)

ティノ:
お、お願いしますですぅ…

(…さっきの言い方、
ちょっと気持ち良かったですぅ…)

第七回

ティノ:
…お、お兄ちゃん?
今日も練習に
協力してもらえるんですか?

ジャン:
もちろん。今すぐ始める?

ティノ:
ありがとうございますですぅ…
そ、それじゃあ、今から
お願いしますですぅ…!

お兄ちゃんに協力してもらえて、
すごく嬉しいですぅ。

ジャン:
(…大げさだなぁ、
ティノちゃん…
僕、よっぽど好かれちゃったのかな?)

それで今度は、どういうことに関して、
言ってみればいいかな?

ティノ:
…じゃあ、私の口ぐせについて、
何か言ってもらえればですぅ…

ジャン:
ん〜? えっと…
ティノちゃんの口ぐせって
言うのは『ですぅ』ってやつ?

ティノ:
あっ、はい。そうなんですぅ。

ジャン:
わかった。じゃあ始めるね?

ちょっと、ティノさん?
ですぅ、ですぅ、って言ってるけど、
何でちょっと舌ったらずなの?

ティノ:
こ、これはわざと言って、
『妹』好きなお兄ちゃん層を
取り込むための、可愛い計算ですぅ…!

ジャン:
『おおきなおともだち』から、
絶大な支持を得ようって
いうわけですぅ?

ティノ:
…そんな言葉を知っているだなんて、
さてはあなたも…
『おおきなおともだち』ですね!

ジャン:
ええっ!? ぼ、僕にそんな趣味
あるわけないじゃない!
僕は至って普通だよ?

ティノ:
ダウトですぅ! 今までずっと
自分のことを『お兄ちゃん』とか
呼ばせてたくせにですぅ!

ジャン:
ひぐっ!?

ティノ:
わわっ! お兄ちゃんは変態さんですぅ!
変態さんなお兄ちゃんがいるですぅ!

ジャン:
ち、違うって!
変態なんかじゃないってば!

ティノ:
きゃいん!
さ、触らないでください、
この変態お兄ちゃん!

ジャン:
うわっ! 今の言い方、 ゾクゾクする…
ティノちゃん、もっと!
もっと言って!

ティノ:
いいですぅ〜!
私もゾクゾクしてきたですから〜!

変態ろりこんのジャンお兄ちゃんは、
本当に小さい子が大好きなんですね〜。

私みたいな小さい子が、
大好きでたまらない、本当の
変態お兄ちゃんなんですねぇ〜。

ジャン:
…はうっ! …今のいいよ!
これで全国のそっち系のお兄ちゃんは
涙を流して狂喜乱舞だよ!

ティノ:
はいっ、ですぅ…!
……あれれ? 何か最初の予定と
違う気がするですぅ…

でも、こうやってツッコんでいくの、
病み付きになりそうですぅ…!

第八回

ジャン:
ティノちゃん、
今日もみんなと打ち解けるための
練習かな?

そうじゃなかったら、
わざわざこんな場所に
呼んだりなんてしないか…

けど最近、ボクトは打ち解けてきたし、
結構懐かれてる感じがするからなぁ…

もしかして、って場合もあったり…
小さくて可愛いし、
ちょっと僕も気になってきたかも…

(ここから妄想)

ティノ:
…変態お兄ちゃん
…じゃなかったですぅ…

ジャンお兄ちゃん、
お待たせしましたですぅ…

ジャン:
ううん、そんなに待ってないよ。
今日はどんな形で練習するの?

ティノ:
…その…ですね…
今日は違うお願いなんですぅ…

ジャン:
そうなの? でも、
僕にできることなら、何でも言って?

ティノ:
…ありがとうございますですぅ
お兄ちゃん…
えへへっ…♪

…あの、お兄ちゃん…
わ、私のお願いはですね…

ちょ、ちょっと変なお願いですけど…
聞いてくれるですぅ?

ジャン:
ああ、うん。いいよ?
可愛い妹のためだもんね?
なんちゃって。

ティノ:
…じゃあ、その…私、
お兄ちゃんとその…
してみたいですぅ…

ジャン:
どええっ!?
急に何言うのティノちゃん!?

ティノ:
…いいんですぅ…
私、お兄ちゃんのこと、
好きなんですぅ…

ジャン:
…ティノちゃん…
本当に? 本当にいいいの?

ティノ:
はいですぅ…
お兄ちゃん、大好きですぅ…

(キスシーン)

ティノ:
おでこにしたらだめですよぉ。
そこ、すっごく恥ずかしいですぅ…

ちょ、ちょっと緊張しちゃってます…
だから、お兄ちゃんからしてほしいです
…いい…ですか?

うぅん、まだ、ですぅ?
だってお兄ちゃんの息がくすぐったくて
むずむずしてきちゃうから…

お兄ちゃん、上手ですぅ
なんだか、体がホワホワしてきちゃうですよぉ

(現実)
ジャン:
むふ、むふ、むふふふふ…

ティノ:
…お兄ちゃん? 何をしてるですぅ?

ジャン:
何って…それは、キスを…
って、あ? あ? あれれっ!?

ティノ:
キス…? 何を言ってるですかぁ?
そんなこと、してないですぅ…
さてはお兄ちゃん…

私で変なこと妄想してたですねぇ…?
現実と妄想の区別もつかなくなるなんて
とんでもないド変態ですぅ。

ジャン:
ううううぅっ…!

ティノ:
そんな変態お兄ちゃんには…
ごほ…お仕置きしてあげるですぅ。
そこに、ひざまずくですよぉ。

ジャン:
…は、はい…

ティノ:
…はぁ…はぁ…ほらほらぁ〜、
ちゃんとひざまずくですぅ、
お兄ちゃん?

ジャン:
…はぁはぁ…はぁ…はぁ…
ティノちゃん、これでいい?
これでいいの?

ティノ:
…うふふっ…いい子ですね…
お兄ちゃん…はぁ…はぁ…

ごほうびにっ…はぁ…はぁ…
私の足を…ぺろぺろしても…
いいですよ…?

ジャン:
ほ、ホントに!
…はぁ…はぁ…嬉しいなぁ…

…はぁはぁ…ティノちゃんの
…足としっぽ…はぁ…はぁ…

…なめなめ、ぺろぺろしても…
はぁ…はぁ…いいだなんて…

ティノ:
…はぁはぁ…しっぽにも
ちゅっちゅしたいんですか?

…まったく…はぁ…はぁ…
…仕方のない…
変態お兄ちゃんですぅ…




トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-09-18 (日) 15:11:59 (2977d)