まろん=まかろん

第一回

まろん「お菓子ができましたの〜!」

まろん「特製ロールケーキですのよ。
     さあジャンさん、召し上がれですの。」

ジャン「わー、美味しそう!
     いただきまーす。」

ジャン「(もぐもぐ…)」

ジャン「うん、美味しい!
     すごく美味しいですよ!」

まろん「当然、ですの!!」

ジャン「これはもう、才能ですよね。
     僕はなんにも才能がないから、
     羨ましいなぁ。」

まろん「――才能?
     違いますの、努力ですの…」

まろん「私は日々、それこそ
     血のにじむような努力を
     重ねてきたですの。」

ジャン「そうだったんだ…」

まろん「…でも、お料理は
     努力だとしても、私には
     ほかに才能があるですのよ。」

ジャン「料理以外の才能…?
     それって、いったいなんですか?」

まろん「歌ですの。
     私には、歌の才能があるですの。」

ジャン「え、まろんさん、
     歌が上手いんですか?」

まろん「なかなかのものですの。
     証拠を見せるため、
     今度、ジャンさんに披露いたしますの。」

ジャン「本当ですか? 楽しみだなぁ。」

第二回

まろん「ら〜らららら〜らら〜♪」

ジャン「へぇ、本当だ!
     まろんさん、歌上手なんですね。」

まろん「うふふふっ。
     ほめても、なにもでないですのよ?」

ジャン「誰かに習ったりしたんですか?」

まろん「いいえ? 私、歌を習ったこととか、
     ありませんの。独学ですの!」

ジャン「独学でここまでとは…
     お菓子も美味しいし、
     天は二物を与えるんだなぁ。」

まろん「二物?
     だから、違いますのっ!!」

まろん「歌は天より与えられた才能ですけど、
     お菓子は私の努力のたまものですの。」

ジャン「あ、ごめんなさい!
     そうでしたね…」

ジャン「あ、そういえば
     まろんさんの持っている二物と言ったら、
     もっと目立つものが――。」

ジャン「(…チラッ)」

まろん「ジャンさん…
     一体どこを見てるですの?」

ジャン「うーん、
     やっぱり目立つよなぁって――。」

まろん「チッ! また胸ですの!
     こいつは私のこと、
     胸のおまけとしか見てないですの?」

まろん「私の服のセンスのことですの?」

まろん「ちょっと変わってますけど、
     ほかのみんなに比べたら大人しい方ですの。」

ジャン「いや、服じゃなくて、おっぱ――。」

まろん「それ以上言ったら
     ジャンさんの頭と胴体とを
     今生のお別れにさせてあげるですの♪」

ジャン「あ、あはははは…」

ジャン「――すみません。 もう言いませんの…」

まろん「わかれば、よろしいですの。」

第三回

ジャン「あ、まろんさん!
     ちょうどいいところに…」

まろん「なにか用ですの。」

ジャン「この前のまろんさんの歌。
     あれは素晴らしいものでした。」

まろん「ま、当然ですの。」

ジャン「もちろん、おっぱいも素晴らし――。」

まろん「それ以上言ったら、
     あなたの脳味噌をメレンゲに
     してあげますの♪」

ジャン「…ごめんなさい、なんでもないです。」

ジャン「…と冗談!? はさておき、
     歌の上手なまろんさんに、ご提案です。」

ジャン「まろんさん、
     アイドルになりませんか?」

まろん「アイドル…
     って、なんですの?」

ジャン「僕もほかの人から聞いたんですが、
     アイドルというのは、」

ジャン「歌って踊って、それで
     ファンに応援されてお金がいっぱい
     もらえるお仕事…だそうです。」

まろん「な、なん!?
     そんなおいしいお仕事があるんですの!」

まろん「私にピッタリのように思うですの!」

ジャン「はい、僕もそう思います。」

ジャン「ただ、デビューには
     数々の試練があるようでして…」

まろん「そんなの、余裕ですのっ!」

ジャン「おおっ、頼もしい!」

ジャン「僕もサポートしますので、
     一緒に頑張りましょう!」

第四回

第五回

第六回

第七回

第八回




トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-09-07 (水) 03:05:44 (2995d)