アレイン

第一回

第二回

第三回

第四回

第五回

第六回

ジャン:
…この木に羽毛を仕掛けて、と…
よし、これで準備OKだ…

いつもいつもノワに負けてばかりで、
なかなかアレインさんに認めて
もらえないからな…

でも走り込みのコースにこの羽毛を
仕掛けておけば、薄着のノワは
くすぐったくて走れないはず!

よし…勝てる!
今日の走り込みは勝てるぞぉっ!

アレイン:
…さて、では今日も森の中での
走り込みを行う。
ふたりとも、真剣に競い合うように。

ノワ:
はいっ!

ジャン:
(…ふふふ、今日こそは…)

ノワ:
よーい…ドン!

アレイン:どうした、ジャン!
出遅れているぞ!

ジャン:
は、はいっ!
(…ふふふ、今日は出遅れても
いいんだもんね…)

ノワ:
…うふふ、あはははは!
く、くすぐったい〜!

ジャン:
(引っかかった!)

アレイン:
…あれは我が弟子ノワの…笑い声?
…ノワ! どうしたっ!?

ノワ:
…きゃはははは!
…戦士長! こっちにこないで…!

アレイン:
我が弟子ノワ! 大丈夫か!?
今助けて…むっ?
こ、これは…ふ、くく…っ!

ジャン:
おお…さすがは僕。
絶妙な位置に仕掛けた羽毛が
2人をくすぐっている!

ノワだけじゃなくてアレインさんまで
くすぐっているのは、嬉しい誤算だぞ。

それに、笑いながら身をくねらせている
2人の姿は、ちょっと色っぽいな…

アレイン:
おい、ジャン!
ぼんやり見ておらずに助けないか!
…くっ、ふくく…

ジャン:
さすがはアレインさん…
あれだけくすぐられても、
懸命に声を抑えている…

ノワ:
あははは、ジャン、たすけてー!
なんだかこのあたりのき、はねが
しっかりくっついてるの〜!

ジャン:
うーむ、それはおかしいねえ?
鳥の群れでも住み着いていたのかな?

アレイン:
そんなことはどうでもいい!
早く助けないか! …くくっ…

ジャン:
いやー、そう言われましても。
僕、走り込みをサボるわけには
行きませんので…でしょ?

アレイン:
くっ…そ、それはそうだが…
物事はもう少し臨機応変にだな…

ジャン:
いえいえ!僕は真面目一筋な
性格ですから!では、走り込みを
続けます!

ノワ:
あっ! ジャン、ずるいー!?

アレイン:
貴様、後で覚えておけよ!?

ジャン:
そう言われましても、これは事故ですから!
それでは失礼しまーす!

ジャン:
…やった!初めてノワとの勝負に
勝ったぞ!

…まあ、ちょっとだけ…ほんの
ちょっとだけ卑怯な手を使ったけど…

まあ、仕方ないよな!
元々、森でも勝負はノワが有利
だったんだし…

知略もまた実力のうち!
今回は僕の勝利だ!

それに、笑いをこらえるアレインさんの
表情も見られたしな…
あれはめったに見られるものじゃないぞ。

忘れないうちにさっきの様子を
脳に焼き付けておくことにしよう…
今日はいい日だった…むふふふ…

第七回

ジャン:
…はあ、今日も訓練の時間か…

アレインさんやノワと過ごせるのは
嬉しいけど…
やっぱり疲れるんだよなあ…

アレイン:

ジャン:
…っと、あそこにいるのはアレインさん
じゃないか。いけないいけない。
ボヤいているのを聞かれたら怒られるぞ。

…でも、アレインさん…
何をしているんだろう?
…拾っているのは…石ころ?

アレイン:
…よし、こんなところか…
次はあっちだな…

ジャン:
…アレインさん?
石ころなんか拾ってどうしたんですか?
まさか…その石ころで何かの訓練を?

アレイン:
おお、ジャンか。
…安心しろ。この石ころを貴様に
ぶつけたりはせん。

ジャン:
じゃあ…その石は一体?

アレイン:
走り込みや訓練の邪魔になるので
あらかじめ取り除いていたのだ。

ジャン:
えっ…? じゃあ、僕やノワの
ことを心配して…?

アレイン:
…別にそんな大げさなことではない。
訓練しやすい環境を整えるのも
教官の務めというだけだ。

ジャン:
じゃあ、やっぱり僕たちの
ためなんじゃないですか。
ありがとうございます!

アレイン:
…だから、大したことでは
ないと言っているだろう。
しつこいぞ、貴様。

ジャン:
アレインさん…もしかして…
…照れてます?

アレイン:
ばっ、馬鹿なことを言うな!
私は常に冷静だ!

ジャン:
でもアレインさん、耳の先まで
真っ赤ですよ…?

アレイン:
う、うるさい! 黙れ!

ジャン:
あはは…でも、本当にありがとう
ございます。

アレインさんは厳しいだけじゃなくて、
僕たちのことをいつも考えて
くれてるんですね…

アレイン:
…わざわざそんなことを口にするな。
貴様のほうがよほど恥ずかしいぞ。

ジャン:
いいじゃないですか、素直に感謝
してるだけですよ。

アレイン:
私に感謝しているというのなら、
少しでも強くなることだな。
教え子の成長こそが私の望みだ。

ジャン:
やっぱりそうなりますか…
…でも、期待に沿えるように
がんばりますよ。

アレイン:
…うむ、珍しくいい返事だ。

ジャン:
じゃ、僕も石拾いを手伝いますね!

アレイン:
うむ、我が弟子ノワが来る前に
2人でこのあたりの石を
全て取り除くぞ!

ジャン:
はいっ!

(アレインさん、僕が思っていたよりも
細やかで優しい人だったんだな…)

(前よりアレインさんが身近な
存在になった気がする。
今日は早めに来てよかったな…)

第八回

ジャン:
…なになに…「ひとりで森に来るように」
だって…?

どうしたんだろう、アレインさん。
わざわざ手紙で僕を呼び出すなんて…

訓練だったらノワと一緒に
呼ばれるはずだし…
…これはやっぱり…愛の告白!?

そうだよな…最近、アレインさんと
ぐっっと仲良くなれた気がするし…
ありえる、これはありえるぞぉっ!

<ここでキスイベント発生>

アレイン:
…来たか、ジャン。

ジャン:
わっ! あ、アレインさん!
…は、はい! 来ました!
…で、ご用というのは? …むふふ…

アレイン:
なあに、貴様に特別訓練を
受けさせてやろうと思ってな。

ジャン:
…へっ? 特別訓練…?

アレイン:
…そうだ。私がじきじきに、な。

ジャン:
…あれ…なんだか、真剣な
構え方ですけど…
…教官…なにか、怒ってます?

アレイン:
いいや? ただ全力で
相手をしてやろうというだけだが?

ジャン:
そ、それって、怒ってますよね?
…どうして?

アレイン:
以前、お前が一度だけ我が弟子ノワに
勝った訓練の後、森の中を
よく調べてみたのだ…

…すると、あの木々には、どう見ても
人為的に羽毛が取り付けられていた
ことが判明した。

ジャン:
うっ…! あ、あれは、その…

アレイン:
今さら見苦しい言い訳はするなよ?

ジャン:
あ、あれはただ…僕はただ、
アレインさんに100点をもらって…

アレイン:
もらって?

ジャン:
ただ、アレインさんにエッチなご褒美を
もらいたかっただけなんです!
男として、仕方なかったんです!

アレイン:
…それが、なんの理由になる!
マイナス100点!

ジャン:
しょ、ショックのパー!?

アレイン:
今日は貴様を、
徹底的に鍛えなおしてやる。
自分の足で戻れると思うな!

ジャン:
ひ、ひぃぃぃ…!
が、がんばったのにぃ…
努力の方向を間違えたぁ〜…!




トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-09-07 (水) 02:42:22 (2994d)