クラス/クラス一覧

クラス一覧

ドラグーン

ビースト(魔獣)とドラゴン(竜)系ユニットに対して特殊技で対抗する竜騎兵。
モンスターユニット退治はお任せあれ。

転職証竜騎士の証
転職可能種族人間
移動力・移動タイプMove 4 / Step ▲2 ▼3 / 軽歩
WT28
装備可能武器片手剣/両手剣///(メイスのみ)//投擲(スリング以外)
装備可能防具
使用可能魔法


ステータス

能力値LV1LV10LV20LV30LV40LV50
STR1578122
VIT1679123
DEX1573113
AGI1575117
AVD1578122
INT1376120
MND1876116
RES1373115

スキル


サポートスキル

LVスキル名
1軌道予測、片手剣、両手剣、槍、斧、棍、弩
3各種族学、各属性補正、消耗品使用I、ノックバックI
4物理攻撃力UPI、近接攻撃命中率UPI
5カウンターI、レジストペトロ、レジストスタン、レジストスリープ、レジストチャーム
レジストポイズン、レジストサイレンス、レジストスロウ、レジストバインド、レジストシャックル
6物理防御力UPI、近接攻撃回避率UPI
7遠隔攻撃命中率UPI、HPmaxUPI
8消耗品使用II、遠隔攻撃回避率UPI
9遠隔攻撃回避率UPI、魔法回避率UPI
10魔法防御力UPI、TPブーストI、レジストテラー
11ウェイドスルーI
12パリィ(近接)、パリィ(遠隔)、ノックバックII
13ノックバックII、レジストヘヴィ
14カウンターII
15レジストストップ、レジストヴェノム、物理攻撃力UPII、物理防御力UPII、アンチノックバック
16近接攻撃命中率UPII、消耗品使用III
17物理防御力UPII
18物理防御力UPII、近接攻撃回避率UPII、HPmaxUPII、各属性ダメージ軽減
19遠隔攻撃命中率UPII
20アンチパリィ、TPブーストII
21ノックバックIII、魔法回避率UPII、ウェイドスルーII
22魔法防御力UPII、遠隔攻撃回避率UPII
23カウンターIII、ムーブプラスI、ジャンププラスI
24消耗品使用IV

アクションスキル

LVスキル名WTTP効果
6ビーストキラー+1840魔獣系ユニットへの直接攻撃ダメージ増加&100%命中
8ドラゴンキラー+2050ドラゴン系ユニットへの直接攻撃ダメージ増加&100%命中
14ビーストバスター+2575周囲2パネル以内の味方に魔獣系ユニットに対する近接攻撃のダメージが増加する効果を付加
17ドラゴンバスター+2575周囲2パネル以内の味方にドラゴン系ユニットに対する近接攻撃のダメージが増加する効果を付加
21ドラゴンズハート+2050「ドラゴンズスケイル」効果を確実に解除する

運用・所感

運用

  • 近接型
    装備:両手武器、片手武器+盾
    ランパートフォースを他クラスで習得すれば装着して壁役になりながら攻撃し、接敵による被ダメージも含めやや受動的にTPを確保していくパターン。
    武器は両手武器のほうが特攻の威力が高くなる傾向にあるが、
    後半になると片手武器でも高威力のものがあるので、他に経由したクラスで決めるといいかもしれない。
  • 遠隔型
    装備:両手弩
    通称は弩(ど)ラグーン、という冗談も。
    こちらは遠隔攻撃などで能動的にTPを確保してキラー系スキルを使っていくというパターン。
    弩の射線にさえ慣れれば、Lサイズ以外と戦う時でも頼りになる。
    射撃を強化するようなスキルはないが空気にはなりにくく、弩の必殺技が対魔獣・竜以外にも他必殺技と比較して強力という強みも。
  • 遠近両用型
    装備:片手近接武器+片手弩
    接敵までの間、敵のなるべく柔らかいところを弩で狙い撃ちTPを稼ぎ、近接武器でのキラー系スキルで大ダメージをとる。
    ある程度削ってあればキラースキル+弩でもLサイズを倒すことは可能で、
    Lサイズがいなければ余ったTPを弩の強力な必殺技に転用することも可能。
    装備が重く、弩のダメージでも遠隔特化型に劣るものの、ランパートと組み合わせて前衛で壁役を張ったり、反撃でダメージを稼げるため戦場の主役になれる。

所感
対ドラゴン、魔獣系に大ダメージを与えられるキラー系スキルを持つ。
中盤以降、敵部隊にドラゴンや魔獣が出る頻度が高くなるのでドラグーンが活躍できる場面は多い。
また重装備型の接近職にしては軽めのWTも魅力の一つと言える。
ただ、ゴーレムキラーは無いのでゴーレム相手に苦戦するのは他のクラスと同じ。
魔法は使えなくなった。

最初にTPを溜めるまでが少しかかるのでドラゴンや魔獣が近かったり、さっさとキラーで仕留めたい場合は
パーティアタックにて強引にエンジンをかけるのも手かもしれない。
(もちろんその場合ケアは忘れずに)
余裕がある場合は防御力の低い敵を狙ってダメージを与えてTPを稼ぐ。
ただし中途半端に生き残らせると必殺技で手痛い反撃を受ける場合がある。
相手の残りTPやターンの順番の確認は必須。
一度TPを溜めてしまえばキラー系スキルは威力が大きいので、使った分のTPはすぐ回収できる。

バスター系スキルはキラー系と違い「近接」攻撃にしか効果がないことと、
自分には特攻効果が付与されないことに気をつけよう。

しかし、それより何より、同じキラー系スキルを保有するオズマ姉さんこそが、
ある意味一番の敵なのかもしれない。


[スポンサードリンク]


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-04-29 (月) 16:47:03 (2305d)