考察コマンドスキルサポートスキルアクションスキルスペシャルスキルスティールについて


注意

  • 暫定情報も多分に含まれますので、信ぴょう性が無いときは検証情報を提供下さい。
  • ここは質問をするところではありません。スキル全般の検証・考察を行うところです。

目次

熟練度

RANK成長系スキルの経験値判定(ver.1.06)

  • 全てのスキルはRANKが上がると忠誠度も上がる(推定10前後)。
    スキル1行動の経験値と成長判定RANK上昇メリット
    近接武器
    短剣・片手刀・鞭除く
    (最大)
    1.28
    該当武器で通常攻撃・必殺技を使う。攻撃側の空振り・ガードが発生すると半減の0.64。回避されたら0。該当武器で殴られても上がる。
    スキルのカウンターを付けておくと攻撃機会が増えて上がりやすい。
    武器ごとに経験値の量が違う?※情報募集中
    ダメージ増加
    命中率アップ
    該当武器による被ダメージ減少・回避率アップ
    必殺技習得
    短剣・片手刀・鞭
    遠隔武器
    0.64該当武器で通常攻撃・必殺技を使う。ガード・回避されたら0。該当武器で殴られても上がる。
    スキルのカウンターを付けておくと攻撃機会が増えて上がりやすい。
    ダメージ増加
    命中率アップ
    該当武器による被ダメージ減少・回避率アップ
    必殺技習得
    投擲0.64消費する投擲武器で攻撃する(トマホークなど) 投石× スリング×ダメージ増加
    命中率アップ
    該当武器による被ダメージ減少・回避率アップ
    必殺技は習得しない
    属性補正0.48攻撃魔法・属性武器・属性スペシャルスキル・アタッチ付加攻撃・回復魔法を命中させる。
    呪文書の使用でも上がる。
    状態異常付与・解消魔法× ステ強化・弱体魔法×
    上記攻撃を食らっても上がる。ただし回復魔法×
    アタッチ付加攻撃の場合、通常ダメージ分で相手を倒すと(追加ダメージ0)上がらない
    属性攻撃力アップ
    属性防御力アップ
    「属性ダメージ軽減」とセットで付ければ属性防御力が更にアップ
    種族学0.24該当種族に武器or魔法判定をする。素手の「殴る」や投石でも上がる。ただしガード・回避されると×
    自分が〜学と同じ種族で、ダメージを受けた場合に上がる。回復×
    (例:爬虫類学をつけたリザードマンが人間に殴られる→爬虫類学上昇)
    該当種族に殴られただけでは上がらない
    該当種族へのダメージ増加
    説得成功率アップ
    自分が該当種族の場合、防御力アップ
    説得
    契約
    調教
    0.48敵に対して使用する。失敗しても、該当種族以外に使っても上がる説得成功率が低下しない距離が伸びる
    説得成功率は上がらない
    スティール0.24敵に対して使用する。失敗しても、確率0%でも上がる成功率上昇
    盗めるアイテムの種類が増える
    亡者の嘆き0.96使用時に命中、回避、敵の数にかかわらず上がる
    敵が居ない場所での使用時は半分の0.48上がる
    命中率上昇
    その他
    アクションスキル
    0.48どのような状況でも、使用した時点で上がる
    敵に作用するスキルを敵がいない状況で使用しても上がる
    アクションスキルを参照
    アンチパリィ0.34対応する種類のパリィをセットした対象に攻撃し、命中あるいはパリィ発動すると上がる(他の場合について要検証)対象のパリィ発動率減少
    パリィ0.24該当する攻撃を受けてパリィ発動あるいは命中すると上がる
    ガードorミスした時は上がらない
    麻痺や石化等、パリィの発動しない状態異常時には上がらない
    近接は「殴る」、遠隔は「投石」でも上がる
    遠隔パリィは銃と投擲には無効
    武器で防ぐスキルなので、近接武器を装備していないと発動も上昇もしない(盾や遠隔武器、素手は不可)
    発動率上昇
    レジスト0.64ステータス異常攻撃を受けると、命中回避にかかわらず上がる
    対応する異常攻撃をしても上がる(レジストスタン→パラライズ使用でも上昇)
    回避率上昇

 

熟練度補足

  • 地面、障害物、仮死状態のアンデッド等に対して行動しても上がらない
  • 「殴る」では格闘は上がらない
  • 槍や範囲魔法で複数人同時攻撃、属性武器に同じ属性アタッチを付加して攻撃等、経験値が重複するような行動を取っても効果は無い
    • 複数種族への同時攻撃や違う属性アタッチを付ける等、重複していないなら種族学や属性補正は両方上がる
    • ダブルアタックやダブルインパクト・ダブルショットの場合は二回分の経験値を得られる
  • 説得、調教は合計1つまでしかセットできない。パリィもどちらか片方しかセットできない
  • 属性補正は光と闇だけ同時にセット不可。六属性を複数セット、六属性+光などは可能
  • 属性補正は魔法詳細画面で属性アイコンが付いていてもダメージ系以外は×なので注意
  • 装備品にあるブーストスキルは単体では効果が無い
    例:ヒーターシールドは近接パリィ+1があるが、ユニット自身が近接パリィをセットしていないと発動しない
  • ブーストスキルは各スキルの能力を底上げできるが、武器スキルの必殺技のみユニット自身のランクに依存する
    例:武器ランク3の時点でブースト+1の武器を装備してもランク4必殺技は使えない
  • 各種武器学及び人体学の熟練度上げにはランダムバトルで敵をクレリック一体残して自軍キャラをかごめかごめするのが効率がいい
    • (中央がファランクスナイトだと回復の手間も少なく済む。又中央にリザードマンや魔獣・竜等の高耐久種族を配し回復役をあてがえば、それらの種族学に適用する事も可能)

      その際攻撃対象がカウンター持ちならそのキャラの上昇は更に早いが、アラインメントLのキャラは味方からの攻撃に決してカウンターはしない
  • 特に上げるのが面倒で継承もできない(敵が所持していない)スティールの場合は、ゲインTPとセットにして使用者を攻撃力が高いキャラで殴る→スティールを繰り返すぐらいしかない。1回のスティールで入る経験値が雀の涙なので非常に根気がいる。

クラス別武器熟練度上昇値

  • 現在各武器学の熟練度上昇値に関する情報が錯綜しており詳細不明となっております。つきましては以下の表に確認された数値を記入願います。
  • また、或いは特殊な上昇を見せる武器と言う存在も考えられなくも無い為、同系統の武器であっても数種類で検証願えれば幸いです。
  • 検証条件:攻撃対象のカウンターによる上昇値の除外
           攻撃の際に各種スキルは使用しない(含二刀流)
           攻撃が命中した際の数値のみ検出
           攻撃対象が各種スキル・魔法を使用していない(ex:ファランクス)
           攻撃対象の状態が通常である(ex:石化していない)
    クラス格闘短剣片手
    両手
    片手
    両手
    片手
    両手
    片手
    両手
    片手
    両手
    魔導
    楽器吹矢片手
    両手
    片手
    両手
    片手
    両手
    投擲
    ウォリアー   1.30.71.31.31.31.30.70.70.7--
    アーチャー   -0.70.70.70.70.7--
    ウィザード   
    クレリック   ---------1.31.3-----------
    ルーンフェンサー1.31.31.31.3*10.70.7--0.7
    ナイト     1.30.7
    テラーナイト  1.21.3
    バーサーカー  1.30.61.3---1.30.7
    ソードマスター ----------1.3-------------
    ドラグーン   1.31.31.3--1.30.7
    ニンジャ    0.7-----0.7-0.7
    ローグ     1.30.70.7
    ガンナー    
    ビーストテイマー1.31.31.31.30.70.7
    ウォーロック  --------1.31.3
    ネクロマンサー 
    リッチ     
    ディバインナイト
    クラス格闘短剣片手
    両手
    片手
    両手
    片手
    両手
    片手
    両手
    片手
    両手
    魔導
    楽器吹矢片手
    両手
    片手
    両手
    片手
    両手
    投擲
    レンジャー   1.30.71.31.30.70.7
    プリースト   
    プリンセス   
    ダークプリースト
    ヴァルタン   1.30.71.3-1.30.70.7
    ホワイトナイト 1.31.3
    ディーバ    
    バッカニア   0.70.71.30.7
    テンプルコマンド1.30.7
    ロード     
    ホプリタイ   
    ジャガーノート 
    ペイトリアーク 
    ファミリア   0.7
    ※クラス名は男性のクラス名で統一しています。

説得仕様補足

  • 成功率を上昇させる方法
    • 1:各種族学のRankを上げる。
    • 2:対象のHPを減らす。
    • 3:対象の忠誠度を下げる。
       
      複数の要素を満たせば、当然その分だけ説得率は上昇する。
  • 説得が通じなくなる状態異常
    • 魅了・悩殺
    • 睡眠・石化
    • 恐怖
    • 直接効果無効(説得は直接効果判定なのでレジストされる)
       
      特に恐怖状態は相手の意識があるように思えるが、恐怖のあまり話を聞いてくれなくなるようである。
      ゾンビは説得可能だが、人間系種族のみ、悪魔系に変化するので注意。
      また、説得する側が沈黙状態になると説得を使えなくなる。
  • 説得はスキルと相手の種族が合っていると成否に関わらずユニット同士が向き合う。
    が、「制御・人形系」のみ相手の向きが変わらない。実用性は皆無だが、芸が細かい。

スキル継承考察

スキル継承の仕様

  • オヴェリス銀貨1枚と死体1体が必要
  • すでに習得しているスキルも上書きできる
    • 習得済みのスキルLvの方が低い場合、低Lvを死体の持つ高Lvで上書きできる
    • 継承は完全に同種族同士でないと行えない、同じ人間系種族でもヒューマン、ホークマンは別モノとして扱われる。
  • フェアリー〜グレムリンは就けるクラスが同じだが継承はできない。
  • 各種魔法自体は習得できない。継承出来るのはあくまでもスキルだけで、中身の魔法は継承できない。

オウガブレードのスキル、ボディスナッチを利用した異種族間スキル継承

オウガブレードの「ボディスナッチ」を利用することで、異なる種族と肉体を入れ替えることができる。この際にスキルは元の肉体から持ち越せる。
ボディスナッチを経由して継承することで、本来習得できない別の種族で習得したスキルを継承させることができる。
ただし、モンスターユニットにボディスナッチは不可能。例えばドラゴンに暗黒魔法は継承できない。

  • 例:ホークマンにナイトやウォーロックのスキル(ゲインTPや竜言語魔法)を習得
    • 実例:オウガブレードのボディスナッチを使えば
      • 1.人間のキャラに竜言語他ホークマンが独力では覚えられない(けど使えるクラスもある)スキルを覚えさせる
      • 2.その人間キャラがホークマンに対してボディスナッチを使う
      • 3.入れ替わってホークマンになったキャラを死亡させてスキル継承

という手順を踏めば竜言語魔法など他種族では習得不可能なスキルもセット可能になる。

ヒューマン

習得不可だが使用可能なスキル使用可能なクラス習得可能なクラス
アブソリューションクレリック
プリンセス
ディバインナイト
プリースト
プリティキス
コケティッシュキス
ディープキッス
アゴナルスクリーム
ローグファミリア

便宜上ここに記述したが、ディバインナイトやファミリアはオウガブレードを装備できない。
ディバインナイトはそのままヒューマンのクラスに一方通行でチェンジ可能。
ファミリアは「ゾンビ化→死霊(ゴースト)化→ヒューマンに転生」して継承する。
また、リッチディバインナイトのスキルに関してはそれぞれの項目を参照。

ホークマン

習得不可だが使用可能なスキル使用可能なクラス習得可能なクラス補足
竜言語魔法
魔道書
シャーマンウォーロックユーリアのみ
吹矢ビーストテイマーニンジャ
ローグ
禁呪探索解禁後のダムザ砦に出てくるビーストテイマーが所持(自軍Lv50でランク2)
射撃バッカニアガンナーカノープスのみ
ダブルアタックバッカニアニンジャカノープスのみ
ランパートフォース I
ランパートフォース II
ウォリアー
ルーンフェンサー
ナイト
テラーナイト
III・IVは使用可能なクラス無し
禁呪探索解禁後のダムザ砦に出てくるホークマンのルーンフェンサーが所持(IIまで確認)
ランパートブレイクウォリアー
ビーストテイマー
ヴァルタン
バーサーカー素の状態で飛行移動が可能なため、付けてもほぼ意味はない
ゲインTP I
ゲインTP II
全クラスナイト
ローグ
トレジャーサーチ I
トレジャーサーチ II
全クラスローグ
リフレクトマジック I
リフレクトマジック II
ウォリアー
アーチャー
ルーンフェンサー
ビーストテイマー
ヴァルタン
バッカニア
ディーバ
テラーナイト
制御・人形系全クラスウォーロック
支配・死霊系全クラスネクロマンサー
契約・悪魔系全クラスリッチ
アブソリューションクレリックディバインナイトプリースト(カチュア)も習得可能

リザードマン

習得不可だが使用可能なスキル使用可能なクラス習得可能なクラス
トレジャーサーチ I
トレジャーサーチ II
全クラスローグ
リフレクトダメージ I
リフレクトダメージ II
ペイトリアークウィザード
クレリック
リフレクトマジック I
リフレクトマジック II
ウォリアー
バーサーカー
ホプリタイ
ジャガーノート
テラーナイト
説得・人間系全クラスクレリック
ルーンフェンサー
ナイト
調教・魔獣系全クラスビーストテイマー
調教・ドラゴン系全クラスビーストテイマー
契約・聖霊系全クラスクレリック
契約・悪魔系全クラスリッチ
契約・精霊系全クラスローグ
支配・死霊系全クラスネクロマンサー
制御・人形系全クラスウォーロック

ラミア

習得不可だが使用可能なスキル使用可能なクラス習得可能なクラス
神聖魔法セイレーンクレリック
ルーンフェンサー
ナイト
トレジャーサーチ I
トレジャーサーチ II
全クラスローグ
リフレクトマジック I
リフレクトマジック II
ウォリアー
アーチャー
ホプリタイ
ジャガーノート
テラーナイト
説得・人間系全クラスクレリック
ルーンフェンサー
ナイト
調教・魔獣系全クラスビーストテイマー
調教・ドラゴン系全クラスビーストテイマー
契約・聖霊系全クラスクレリック
契約・悪魔系全クラスリッチ
契約・精霊系全クラスローグ
支配・死霊系全クラスネクロマンサー

オーク

習得不可だが使用可能なスキル使用可能なクラス習得可能なクラス
トレジャーサーチ I
トレジャーサーチ II
全クラスローグ
調教・魔獣系全クラスビーストテイマー
調教・ドラゴン系全クラスビーストテイマー
契約・聖霊系全クラスクレリック
契約・悪魔系全クラスリッチ
契約・精霊系全クラスローグ
支配・死霊系全クラスネクロマンサー
制御・人形系全クラスウォーロック

グレムリン・フェアリー

習得不可だが使用可能なスキル使用可能なクラス習得可能なクラス
リフレクトダメージ I
リフレクトダメージ II
ファミリアウィザード
クレリック
説得・人間系全クラスクレリック
ルーンフェンサー
ナイト
調教・魔獣系全クラスビーストテイマー
説得・爬虫類系全クラスウィザード
調教・ドラゴン系全クラスビーストテイマー
契約・聖霊系全クラスクレリック
契約・悪魔系全クラスリッチ
支配・死霊系全クラスネクロマンサー
制御・人形系全クラスウォーロック

パンプキンヘッド

習得不可だが使用可能なスキル使用可能なクラス習得可能なクラス
TPブースト I
TPブースト II
TPブースト III
TPブースト IV
全クラスウォリアー
アーチャー
テラーナイト
バーサーカー
ローグ
トレジャーサーチ I
トレジャーサーチ II
ディーバローグ
リフレクトダメージ I
リフレクトダメージ II
全クラスウィザード
クレリック
調教・魔獣系全クラスビーストテイマー
説得・爬虫類系全クラスウィザード
調教・ドラゴン系全クラスビーストテイマー
契約・聖霊系全クラスクレリック
契約・悪魔系全クラスリッチ
契約・精霊系全クラスローグ
支配・死霊系全クラスネクロマンサー
制御・人形系全クラスウォーロック

高ランクスキル持ちユニットの出現場所

  • 勧誘時にスキルランクの高いスキルを持った状態で勧誘できる敵の出現場所を報告下さい。(スキルランクは自軍レベルに依存)
    • W.O.R.L.D前提でオネガイシマス。
    • 到達までが冗長な場所もあると思うので、1スキルに対して複数情報をお待ちしてます。
    • 敵ユニットを説得した場合、その敵ユニットの所持するスキルのうち上から数えて4個目までしか残らないので、4個目以内にあるスキルのみのご報告をお願いします。
    • ヒューマンの武器学スキルは、4章のイベントバトルや各地のエキストラバトルで、ランク4のスキルを所持した敵が頻出する(吹矢・魔道書・射撃除く)ので、ランク5以上の情報をお待ちしてます。
    • スティールや各種説得のような敵にとって不要なスキルは、敵が所持していません。

※自軍LV50程度の場合、下記のスキルRANKで現れることがある。

ランダムエンカウント時

種族スキルRANK出現場所クラスALI
人間短剣5ボーテーゲン平原ローグ
片手剣5ニムラハバの森ヴァルキリー(ゾンビ)N
5ニムラハバの森ルーンフェンサー(ゾンビ)N
吹矢2ネッサローの神殿クノイチ
射撃3ルッファ海岸ガンナー
3ネッサローの神殿ガンナー
人体学4リィ・ブム水道アーチャー
4タインマウスの丘ウィザード
4ゴルボルザ平原ウィッチ、ウィザード
瞑想4リィ・ブム水道ウィザード
4レイゼン街道ウィッチ
4ゴルボルザ平原
種族スキルRANK出現場所クラスALI
ホークマン5ランベスの丘、ベルモルーゼ台地ルーンフェンサー
5ウェオブリ山アーチャー
5ランベスの丘アーチャーN
5
4ウェオブリ山アーチャー
5ヘドン山アーチャー
人体学3マドュラ氷原、ゴルボルザ平原
ラミア人体学3マドュラ氷原、ゴルボルザ平原
両手剣5ランベスの丘ジャガーノートC
リザードマン短剣5ランベスの丘ウォリアーC
両手剣5バハンナ高原ウォリアーC
瞑想4バハンナ高原ペイトリアークN
土属性補正4ボーテーゲン平原(自軍Lv29)ペイトリアークC
オーク両手剣5ベルモルーゼ台地ウォリアーC
種族スキルRANK出現場所クラスALI
スケルトン両手剣5ウェオブリ山
5ニムラハバの森テラーナイトC
5ニムラハバの森テラーナイトC
5ニムラハバの森アーチャーN
5ニムラハバの森アーチャーN
ゴースト氷属性補正3マドュラ氷原ウィザードN
種族スキルRANK出現場所クラスALI
フェアリー吹矢2ヴァネッサ街道ローグL
グレムリン格闘5ニムラハバの森、バハンナ高原ローグC
吹矢4ニムラハバの森ローグC
投擲4ニムラハバの森ローグC
種族スキルRANK出現場所クラスALI
オクトパスブラックミューカス3ボルドュー湖畔オクトパスN
3リィ・ブム水道オクトパスC

イベントバトル時

種族スキルRANK出現場所クラスALI
人間光属性補正44章/ブリガンテス城西セイレーン
闇属性補正44章/ブリガンテス城南ウォーロック、セイレーン
44章/死者の宮殿1Fウォーロック、セイレーン
魔導書44章/バスク村ウォーロック
種族スキルRANK出現場所クラスALI
ドラゴン光属性補正44章/ランベスの丘アークドラゴン
雷属性補正44章/ランベスの丘サンダードラゴン
炎属性補正44章/ゾリューシ油田ファイアドラゴン
土属性補正44章/ゾリューシ油田アースドラゴン
闇属性補正44章/ゾリューシ油田ダークドラゴン
雷属性補正44章/ヴァネッサ街道サンダードラゴン
水属性補正44章/ヴァネッサ街道フラッドドラゴン
氷属性補正44章/バハンナ高原フロストドラゴン
属性レゾナンス4上記の各種ドラゴン
種族スキルRANK出現場所クラスALI
ホークマン6浮遊遺跡群4(十弐神将戦)アーチャーN
6
投擲6死者の宮殿B77(十弐神将戦)ビーストテイマーN
マキシマイズドラゴン5
マキシマイズビースト5海賊の墓場 海神の懐
(ユーリアイベント進行中)
ビーストテイマーN
リザードマン片手剣5フランパ大森林 神変の大虚(十弐神将戦)ホプリタイN
投擲5フランパ大森林 神変の大虚(十弐神将戦)ジャガーノートN
投擲5浮遊遺跡群4(十弐神将戦)ホプリタイN
オーク5死者の宮殿B77(十弐神将戦)ルーンフェンサーL
6死者の宮殿B89(十弐神将戦)アーチャーN
6
6浮遊遺跡群14(十弐神将戦)アーチャーN
6
ラミア6死者の宮殿B89(十弐神将戦)アーチャーN
6

スキルランク上げ

サポートスキル

方法としては、手動とオートがある。より効率的なランク上げ方法を募集しています。

手動

  • 属性ランク上げ
    属性武器を装備してぶん殴るのが手っ取り早い。
    特に魔法系ユニットは魔法を延々使い続けるより、属性ワンド系(装備Lv30)を装備して殴る方が早い。
    下記のスティールランク上げの穴落としを利用すると比較的安全。

ALI/Lは 味方へのカウンターができないので 効率が悪い。

□■□
■○■
□■□

■=CN/ブロンズスピア/ヴァルキリー/各種アタッチ/カウンターI/命中アップ

○を攻撃すると正面の■が反応しカウンターをするので、Lでも一回の攻撃で2回スキル上昇できる。

オート

オートとは、ランク上げの時間中には人間は各ユニットを一切操作せず、操作を完全にAIに委任する方法である。
事前準備として、与ダメ・被ダメの調整、自軍敵軍のいずれにも回復役が存在すること、ランク上げ用ユニット以外のユニットの為の転移石の用意、バリケードの設置、消耗品使用をセットしなくても使用できるキュアリーフ・マジックリーフや各種状態異常回復薬の処分(時間効率のため)などが必要である。
注意点
・1マップにつきバリケードは10個までしか設置できない
・オートランク上げに使用するユニットに〜アタッチや〜ガードといった各種補助魔法を使用可能にすると、著しく効率が悪くなる。

  • いくつかのスキルについて一例を書いておきます。
    条件は、特に付記がない場合ステータス初期値ユニットで、クラスはナイト(LV50)、装備は武器は弱い武器、防具は最強かそれに近い装備。魔法はヒールI〜IIIのみ習得。スキルは必要に応じてセット。
    ただ、あまり洗練されていません(特に種族学)。(敵AIの攻撃対象の決定方法が明らかではないことやAIをアタッカーに設定し、敵と隣接した味方ユニットであっても行動をパスしてしまう要因が不明であること等の理由による)。
    より良い方法を発見された方は、投稿又は編集お願いします。
  • 属性補正
  • 種族学
    目安時間は、複数ユニットで敵一体を包囲した場合、その敵の通常攻撃の対象となるユニットにカウンターをセットすれば、そのユニットだけは素早く上昇しますが、対象となっていないユニットを基準にしています。
    • 人体学
      各種族学やパリィと並行して上昇する
    • 魔獣学
      グリフォン系とコカトリス系は飛行タイプなのでバリケードでハメることができない。
      オクトパス系は、バリケードにダメージを与えるポイズンハザードへの対応が困難。被ダメを下げるため装備を重くした場合、数時間に1回はオクトパスに2回連続行動され、アクアベールを100%剥がす方法があるか疑問。
      サイクロプス系は、バリケードにダメージを与えるスペシャルスキルがなく、バリケードにハメた後で使用する魔法はヘルハウンドだけなので、バリケードが破壊されることがない。また、カウンターがないから、被ダメ期待値も下がる。オクトパス系に比して耐久力が劣るため、属性武器を装備させて属性補正との両立を図ることが困難。注意点は、ヘルハウンドにより場の属性が闇3となるから、ヒールの回復量が著しく下がること(人体8、光補正8のヒールの回復量は25程度)。
      例)ボード砦/砦内部でサイクロプスと回復役ナイトが出現。味方ナイト(3人)、クレリック(1人)を残した状態で、約12時間で3人ともランク3上昇。
    • 爬虫類学
      爬虫類系がCC可能なクラスのうち、バリケードにハメた後でバリケードにダメージを与えうるのは、バーサーカー(バーサーク)とホプリタイ(パンジャックス)及び槍による通常攻撃・必殺技である。これら以外のクラスであって、かつ範囲ダメージを与える必殺技がない武器を所持した爬虫類系を相手にする必要がある。
      リザードマンと回復役が共に出現するのは、タインマウスの丘、レイゼン街道、ルッファ海岸など。
      タインマウスの丘には高レベルになってもランク1の武器学のみしかセットしていないリザードマンが何体かいるので、それらを相手にすれば必殺技を受ける事もなくバリケード破損の心配もない。
      所々にある穴状地形に落として3STEP上に位置取れば、近接武器で叩く場合でも相手の通常攻撃を受ける心配もなく、敵クレリックも出現するので好都合。
      例)レイゼン街道でリザードマン(ウォリアー)と回復役クレリックが共に出現。味方はナイト4人・クレリック1人、敵はリザードマン1人・クレリック1人を残した状態で、約11時間で3上昇。
    • 竜学
      ドラゴン系は、バリケードにダメージを与えうる各種ブレスをセットしている。ブレスIの対策としては、画面端、耐久力の設定されていない障害物(壁など)、ブレスの高度制限の利用が考えられる(例えば、ド味バとあった場合、バリケードが味方のいるstepより2step下方に設置されていれば、ブレスによるダメージを受けない)。また、テイルアタックとブレスIをセットしている場合、テイルアタックを優先して使用することも利用できる。注意点は、ドラゴンの攻撃対象の選定が、単純に防御力が最も低い(予測与ダメージが最も高い)敵を対象とするものではない模様なので、オートでランク上げをする場合ドラゴンの攻撃対象を特定させること。
      例)フランパ大森林/斜影の原で、ブレスIをセットしたドラゴンが回復役ファミリア(フェアリー)と共に出現。開始位置近くが上記の条件に適した場所がある。ファミリアはサイレントスペルを常にセットしている模様(要するにウザイ)。ナイト4人で包囲して約19時間程度で4上昇。防具を同一にしたナイト2人(ヒールなし)、回復役2人(要ウィザードハット+1orサイレンスプルーフ)が、被攻撃対象の選定が不要でランクも素早く上昇する。約8時間で3上昇。
    • 聖霊学
      ディバインナイト、エセリアルビューティー共に飛行なので、バリケードでハメられない。
      十弐神将を利用できる。
      例)死者の宮殿B89に出現する十弐神将アスラマ。味方はナイト4人・クレリック1人、敵はアスラマ1人・セノバイト1人を残した状態で、約22時間で6上昇。
    • 悪魔学、死霊学
      ゾード湿原など
    • 精霊学
      ファミリアは、パンジャックスなどのバリケードに対して障害となるスキルを所有しているので、フェアリー(ローグ)を相手にするのが無難。
      レイゼン街道など
    • 人形学
      ゴーレム系は、バリケードにダメージを与える範囲攻撃を所持する。対策としては、ブリムストンやドレインパワーといった対象のTPを奪う魔法又はスキルがありうる。しかし、いずれの魔法ともそれだけを習得させたユニットはAI時に使用しない模様。
      例)死者Q76F等に出現するフレッシュゴーレムを利用する。パラ100ユニットを投入して1キル(仮死)する。味方はパラ100ユニット2人・クレリック2人、敵はゴーレム2体・ヒール射程外に置いたスケルトン1体を残した状態で、18時間で5上昇。
  • パリィ
    パリィ(近接)の例)タインマウスの丘で3stepの高低差のある穴を利用して、味方を穴に入れる(開始位置の左上に鎚装備のリザードマンが絶好の位置にいる。)。タイマンで約45分に1上昇。
    パリィ(遠隔)の例)単に、遠隔武器を所持する敵と味方を、敵の射程内において、それぞれをバリケードで囲んで置いたら良い。タイマンで約45分に1上昇。
    パリィの場合、ステータスの高いユニットを使用すると、回避することが多くなるので著しく非効率。
  • アンチパリィ
    例)ルッファ海岸でパリィ(近接)をセットしているナイトを相手にする。画面左下から始まる時のアイスブレード装備(LV50時)のガルガスタン人ナイトを利用するのが良い。ククリ装備のナイトはシャイニングアタッチを多用し、画面右上から始まる時のアイスブレード装備のバクラム人ナイトはヒールをあまり使わない模様。
    この場合、パリィとアンチパリィを同時にセットできるナイトといくつかの固有職に限られるが、これらのスキルを同時に上昇させることができる。味方はナイト1人・クレリック1人と敵はナイト1人だけ残した状態で約8時間で両スキルとも4上昇。
    • 各種レジスト

アクションスキル

オート

アクションスキルのランク上げもサポートスキルと同様に、状況をお膳立てすればオートで実行可能。
実行ユニットは敵を殺してしまってパターンを崩してしまったり時間のロスになったりする事のないように装備品・スキル・魔法(のコマンドスキル)等をセッティングを整えておくこと。
当然ながらゲインTP2をセットしておく方が時間効率が良くなって望ましい。

また、アクションスキルの対象、或いは戦闘終了しないよう残しておく敵ユニットも同様に、無用な行動を起こさずに待機し続ける相手を選ぶこと。
攻撃範囲外に閉じ込めておけば魔法やアクションスキルなどを使用しないウォリアーやアーチャー等を相手にするのが基本的にはオススメ。
(〜インパクトは攻撃出来る状況、ビゴラスアタックは近くに味方が居る状況でないとAIは使わないので)

状況が整っていてもAIはアクションスキルを必ず実行するというわけではないが、使用するのが数ターンに1度程度だとしても放置しておけばいずれはランクが上昇していく。
下記オート上げの時間的目安としては1時間程度で1ランク上昇(スキルにもよる。上昇値の高い亡者の嘆きは早い)。

  • 瞑想
    • AIはATが回ってきた時に現MPが最大MPの半分以上あると瞑想を使用してくれないので、AIにMP消費の大きい魔法を使わせて、少なくとも自然回復量を上回るペースでMP消費するようにしておく。
      具体的には瞑想+消費大きめの状態異常魔法だけを覚えさせた魔法ユニットと敵ユニットとを、魔法の射程内で離してバリケードに閉じ込めて放置。
      状態異常魔法を敵に仕掛けてMP消費→MPが減っていれば瞑想使用、というルーチンで自動ランク上げ出来る。
      • 使わせる(覚えさせておく)魔法は交互に上書きするためAIが連続使用してくれるシャックルボルト&フィクセイト(ブラックウィリウォ&ストームスパーク)がオススメ。呪文書がレアだが、MP消費の大きいドミニオンならなお良し。
    • MPの回復量を抑えるため、ゲインマインド・リデュースMP・瞑想強化装備は外しておくこと。
  • 攻撃系アクションスキル(亡者の嘆き、レイピアグランス、ブラックミューカスなど)
    • アクションスキルの射程内に敵ユニットを置いて、バリケードでお互いを閉じ込めて放置。
      隣り合わせる場合でも、近接必殺技の範囲外である7ステップ以上高低差を空けておけば、お互い通常攻撃も必殺技も届かないがアクションスキルだけは届く、という形に出来る(ただし、効果範囲2以上の必殺技は高低差を無視できるので注意)。
  • 威嚇
    • やり方は前述の攻撃系アクションスキルと同様。
      スキルステータスを解除するためのスキルなので、AIに実行させるためにはスキルステータスを付与する敵ユニットを選ぶ必要がある。
      何もなくてもバーサークを使用してくれて、ステータスもATやWT経過で勝手に消えないバーサーカー相手がオススメ。
  • 風のウァパンゴ
    • やり方は前述の攻撃系アクションスキルと同様。
      ただ、飛行系であるヴァルタンがチョロチョロ動かないよう、ヴァルタンの移動範囲をユニットやバリケードで全部埋めておく。
      といってもバリケードは10個までしか設置できないので、設置数が少なくて済む移動範囲が限定される狭い場所がいい。
      死者の宮殿B2マップ右下奥の扉の所は、狭くて高低差もあってこの方法に適している。
    • なお、ヴァルタンにランパートブレイクをセットしておけば、移動範囲が狭くなり必要なバリケード数が減って都合がいい。
      • ただし、ホークマンにランパートブレイクを習得させるにはボディスナッチ+継承を利用する必要がある。
  • 状態異常治療系アクションスキル(王女様の気まぐれ、応急処置など)
    • 敵に状態異常魔法を使わせてそれを治療する……という形にしたいところだが、敵魔法ユニットは状態異常魔法の他に攻撃魔法も持っているのが普通なので、それでダメージを貰ったり時間のロスが大きかったりバリケードが壊されるのは都合が悪い。
    • なので、効果範囲2以上の状態異常魔法(ブラックウィリウォなど)だけを覚えさせた味方魔法ユニットを用意して、敵味方巻き込んで魔法を仕掛けさせ、巻き込まれて状態異常を貰った味方に治療スキルを使わせる……というルーチンにAIを仕向ける配置にして、バリケードや地形で囲んで放置。
      利用する状態異常魔法の射程+効果範囲の先端に敵ユニット、その手前に巻き込まれる味方、その味方の隣にランク上げしたい治療スキルの実行者、という配置にすればOK。
  • エアリアルフロー
    • やり方は前述の治療系アクションスキルと同様で、この場合は範囲2+ヘヴィ効果のフリージングガストで敵ユニットとエアリアルフローを上げたいグリフォンとを巻き込ませる。
      また、風のウァパンゴ(ヴァルタン)の場合と同様に、グリフォンの移動範囲をユニットやバリケードで全部埋めておく。
    • なお、グリフォンにランパートブレイクをセットしておけば、移動範囲が狭くなり必要なバリケード数が減って都合がいい。
  • 〜レゾナンス
    • レゾナンス使い、戦闘終了しないよう残しておく敵ユニット1体の二者をバリケードに閉じ込めて放置。
      敵に対しての使用でなくともスキルのEXPは上昇するし、ついでで属性補正が上がったりもしないので、敵に隣接する必要は特にない。
  • マキシマイズ〜
    • マキシマイズ使い、その対象となるモンスターユニット、戦闘終了しないよう残しておくユニット1体の三者をバリケードに閉じ込めて放置。

手動

スティールや説得はAIが使用する事はないので、手動でスキルを使用してEXPを稼ぐしか無い。
TPを比較的効率的に獲得する方法としては、アンデット法と待機法がある。

  • アンデッド(死霊系及びステータス異常ゾンビ)法
    アンデッド法とは、アクションスキルを使用するキャラが、アンデッドに対し、攻撃することでTPを獲得する方法である。
    アンデッドは、仮死状態になっても3カウントで復帰するので、生者と異なりHP回復をする必要がない。
    下記の待機法と異なり、アクションスキルをランク上げする過程で付随的に
    武器学、属性補正、種族学(人体・聖霊・人形除く)等のスキルが
    ランクアップしうるというメリットもある。
    ただしアンデッドを仮死状態にするのを繰り返すと、
    該当の人種のカオスフレームが上昇するため忠誠度低下の原因になる可能性もある。
    • スティールランク上げ
      ・所要時間5〜6時間
      ・前提条件:レベル50ローグ(ステALL100/ゲインTP2/スティール)、HP600程度の味方ゾンビ、左記の味方ゾンビを1キル可能な近接武器(格闘or短剣)その他装備品及びスキル
      ・概要:ローグが味方ゾンビを1キルして、敵にスティール。
      ・タインマウスの丘で実行する場合は、高レベルでも武器学ランク1のリザードマンが出現するので、ノックバックで穴に落とす。3step上方にはリザードマンの攻撃は届かないので、そちらにローグを配置。味方ローグと接していない3方向にバリケードを設置。味方ゾンビの後方にもノックバック防止にバリケード。クレリックは、ヒールやクイックムーヴを使用するためリザードマンに。穴に落としたリザードマンは、通常攻撃はこちらに届かず武器学が1なら必殺技を使われる心配もないので無行動となる。
      ・wikiによると、ランク1から8まで上げるには2900回強のスティール試行が必要なところ、60秒に9回以上の試行が可能。
      ・備考:ゾンビのHPは600は冗長。ローグがゲインTP2を装備して味方を攻撃した場合、実際に与えたダメージの1/4がローグのTPになる。加えて、ローグの時間経過によるTP増加、ゾンビは3カウントで復帰することを踏まえて、各自必要なHPを判断するのが良いかと。
      ・スティールは物理攻撃判定なので、スティールの対象となる敵ユニットの人種に注意。
  • 待機法
    待機法とは、アクションスキルを使用するキャラが、その場に待機を繰り返し、TPを獲得する方法である。
    TP増加速度の上昇を図るためゲインTPをセットし、待機とアクションのターン切替回数を少なくするためTPブーストをセットすることが効率的。
    アンデッド法よりもTP増加速度は遅いものの、アンデッドを準備する手間を省略できることが利点。
    待機の繰り返しをオートで実行できるようにセッティングしておくと、時間的にも操作の手間的にも楽。

よくある質問

  • FAQを見てね
  • 熟練度補足(このページのここからもうちょい↑)を見てね
    • それでも解決しないときは検索するなり他所で質問してみてね
      • このwikiでは掲示板(2ちゃんねる)よりよくある質問を抜粋しているので、そこで聞くとこのwikiにも反映されるかもしれない。

最近のコメより抜粋

  • 武器学スキルを習得している武器に対して、ランクに準じて回避率上がってないかな。
    • 実例:ヴォルテール棍棒Rank4をハルトハンマーで裏から殴って 63%だったのに、ヴォルの棍棒が5に上がった途端55%に下がった

      (その間天候の悪化は無し、既に雷雨状態だったんで)。誰か同じような経験ないかな?
  • 武器学に回避補正あるっぽいぞ。
    • 熟練度上げで片手刀で殴り合ってたが、殴られる方がランク2の時は殴る方の命中率89%だったのに対し、殴られる方がランク3にあがったら殴る方の命中率が79%まで落ちた。
    • ついでに殴る方のランクは2だったんだが、3にあがったら命中率は89%に。
  • 弓と弩の熟練度上げついでに気がついたこと。
    • 弓、弩ともに両手武器を装備し同じLv20の仲間ナイトに撃ち込み続けた。
      • 両方ともダメージは1で獲得熟練度は0.6〜0.7。両手の熟練度が2倍になる条件が分かんね
  • 武器学や種族学スキルは食らうときにも効果&経験値取得あるみたいだよね。
    • 2章Lライムでヴァイスに殴られたら片手剣スキルが上がったことがあった
  • ゲスト時のスキルは正式加入時には全く引き継がれてなくね?ヴァイスは格闘忘れてるしラヴィニスなんか神聖魔法を呪文ごと忘れてるし
  • スキルランクが下がった。
    • シェリー加入してすぐにウィッチに転職、スキル継承用キャラのライフ削るために戦闘3回。
    • いつのまにかシェリーのマキシマイズゴーレムが2→1に下がってた。この間シェリーは一度も戦闘に出してない。
      この状態でシェリーにスキル継承したら、土・闇属性補正と棍まで2→1になった。継承に使ったのは棍1とその他もろもろ持ちの汎用ウィザード。

      かぶってたランク付きスキルは棍だけ。関係あるか知らんけど、シェリーは加入時からスキル一切いじってない。
  • 武器熟練度によるダメージ上昇ですが1から2で5%、2から3で更に5%上がり1と比べて10%上がりました。

    命中率も上がっているのですが相手の回避率等絡むので割合をはっきりさせることは出来ませんでした…
  • カウンター無し、アラインメントLの味方を殴る条件で検証し、基本片手・両手の両方でも確認
    • 片手剣・両手剣・鎚(片/両)・格闘・鞭・斧(片)・槍・棍(片/両)は1.2〜1.3経験値上昇
    • 短剣・斧(両)・弓(両/片)・弩(両/片)・吹矢は0.65経験値上昇
    • 片手/両手刀・魔導書・楽器・銃は不明
  • 経験値1.2〜1.3上昇だったらガードされても0.65?ぐらい上がっている
    • 内部処理はは2回判定上昇判定があって、
      命中したら+0.64、さらにガードされてなかったら+0.64って感じ
  • 経験値0.65上昇グループの武器はガードされると上がらない
  • 以下裏ワザ・小ネタのコメより引用
    • アンチパリィでパリィの発生を防がれた場合においてもパリィのランク成長確認。他にGUARDと表示されていてもパリィが成長したので表示優先度はガード>パリィの様です。
  • 種族学・属性補正・武器学の各ダメージ上昇率
    • 武器学5%〜40% 属性5%〜40% 種族学10%〜80%

コメント

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • なんで亡者の嘆きのランクこんなに上がるの早いんだろうと思ってた。魔法使用時にも溜まってたのか -- 2011-12-11 (日) 18:33:15
  • 短剣ランク、ランク2及び4必殺技使用で約1.8上昇した。通常攻撃だと98.2→99.4、先の必殺技だと98.2→0.0という状況だった。ランク上げたいなら必殺技使えって事かなあ -- 2012-01-13 (金) 06:15:54
    • む、間違えた。98.8が元の数値だった…… -- 2012-01-13 (金) 06:17:48
    • 瞑想ランク稼ぎのとき、AIによって瞑想頻度が違う?タイトエンドが比較的頻度高いような? -- 2015-02-12 (木) 00:44:28
  • スティールは物理攻撃と見なされるのか、空蝉状態のニンジャに弾かれたな。 -- 2012-01-23 (月) 00:18:46
  • オクシオーヌイベントで、バスク村のウォーロックが魔道書Rank4を所持していました -- 2012-02-13 (月) 07:40:39
  • マドュラ氷原の両手剣・リザードマン/ウォリアーがRANK5持ち確認。自軍37、当該キャラレベル36でした。 -- 2012-02-18 (土) 22:49:12
  • ユーリアイベント進行中の海神の懐で、ホークマンがエンパワービースト5所持&タコがブラックミューカス4所持確認 -- 2012-02-23 (木) 17:05:23
    • ↑マキシマイズビーストの間違いです。失礼しました。 -- 2012-02-24 (金) 21:17:23
  • エンパワービースト=マキシマイズビースト ? -- 2012-02-24 (金) 06:47:24
  • タインマウスの丘に3マス差の穴なんてありませんが -- 2012-07-11 (水) 20:40:36
    • ランク上げ解説に使われてる3stepって高低差な。タインマウスには何箇所も穴状の地形あるだろう。もちろんウィノア戦とかの特殊マップじゃなしに、エキストラバトルの方。 -- 2012-07-11 (水) 21:29:33
  • フランパの、誘いの裂目→凍解の渓流→フランパの前庭のルート行ってたら、人体学ランク4のウィザードがいました。追剥ように説得したら、持っててびっくり。 -- 2012-12-30 (日) 12:43:11
    • ごめんなさい、途中送信してしまいました。 -- 2012-12-30 (日) 12:54:57
  • アーチャー5人33レベルで、フランパの誘いの裂目→凍解の渓流→フランパの前庭のルート行ってたら、人体学ランク4のウィザードがいました。どのマップかまではよく覚えてません。追い剥ぎ用に説得したら、持っててびっくり。 -- 2012-12-30 (日) 12:46:14
  • プルーフ使ってますか?対戦でオズマが開始早々にパラライズ打ってくるんで役に立ちます。対人は僅差なんで -- 2013-01-07 (月) 13:32:41
    • 前のデータでは使ってました(前線に突っ込むかのぷーにペトロプルーフを)が、消費スキルポイントが大きすぎるので、ほとんど使ってません。でも、敵魔法使いがお馬鹿さんで、ペトロ攻撃連打してくるんで便利でした。 -- 2013-01-07 (月) 18:05:42
  • 今更だけど、ラミアのセイレーンは神聖魔法もスキル継承が要るんだな -- 2013-04-19 (金) 00:48:47
  • ローグのブービートラップですが、敵が使用した場合、CHARIOTで同じ行動を繰り返しても使われるたびに内容が変わっていました。既出だったら失礼 -- 2014-01-25 (土) 15:39:35
  • 今更ながら、タクティクスオウガにハマってます(´・Д・)」 -- 2014-04-19 (土) 14:46:47
  • 同じく今更ながらハマってます( ´△`)デネブをあえてセイレーンにしてTPブースト継承したパンプキンヘッドが吹き矢で貯めたTPでデネブにベロチュー→デネブはマイコシスでお返しの調教♪っていうパーティー妄想してますがまだオウガブレードも取ってないし呪われ魔導書にエロ本の名前書いてデネブに持たせる作業もあるし遣り甲斐MAXだわ… -- 2014-05-01 (木) 17:10:49
  • ↑マイコシス×マキシマイズ○でした パンプキンヘッドが性別♀なのがそそりますよね 。 -- 2014-05-01 (木) 17:16:08
  • 人体学検証 : 直接攻撃にて1Rankにつきどのくらい与えられるか検証したら、5~6上昇(微妙)。ただ、魔法についてはダメージ値15上昇!!MAXRankにしたら約120ダメージ上昇(魔法使う人には魅力的)!1から8rankにしたら5時間ぐれーかかった…。通信対戦するなら、人体学育てた方が良いよ♪ -- 2014-05-03 (土) 16:21:17
  • 高スキル持ちのユニット載ってたけど、特に属性補正のスキルは大抵下の方にセットされてるから消えちゃうんだけど… -- 2015-12-13 (日) 00:37:16
  • リザードマンで鎚の武器学レベル高い奴探してるんだけどどっかいる? -- 2016-01-19 (火) 07:40:49
    • エキストラ限定だとどうだろう。だけど -- 2016-01-19 (火) 13:34:11
      • ↑途中で投じてしまった失礼。だけどこちらのレベルが高いとそれに応じて所持している武器学スキルがランダムで4まで上がるから、その仕様を使ってみては?自分の場合、育成予定のないドラゴン1種(アース6体)のレベルをカンストさせてその軍勢でエキストラ巡りしてましたが、運が良いとタインマウスの丘でも鎚レベル4のリザードマンと遭遇しました。まあスキル数少ないんで物色するならスウォンジーの森辺りが良いかと。 -- 2016-01-19 (火) 13:44:41
    • タインマウス、マドュラ氷原、バハンナ高原で鎚4持ち確認。5以上は未確認。 -- 2016-01-19 (火) 14:29:41
  • ボーテーゲン平原は敵のスキル構成が3段階あり、土属性補正が残るのは中段階(Lv30前後?)のみ。高レベルでも低レベルでも残らない。敵の構成が3段階あるエキストラバトルはそこそこあるが、ボーテーゲンに限っては中段階の方が高レベル帯よりも全体的にスキルの質が良い。 -- 2017-07-20 (木) 02:14:39
コメント:

[スポンサードリンク]


*1 カルディア

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-02-08 (月) 22:25:32 (865d)